プチドームを設置できそうだ

我が家の家業、設備の更新で建物も3年掛かりで4棟建て替えを予定している。
オヤジの余命も短い(笑)し、新幹線の振動だけは避けた、新しいニワトリの観測場所が是非欲しい。(冥途の土産)
でも、建設会社の営業さんには、無理過ぎる無理を言って、新幹線から一番遠い直線で110m位の角地に5.5m×5.5m×7.7mを確保。
おっちゃんたちは、頭から湯気を上げていたけど、こちらは涼しい顔。(笑)
本当は、建物3F屋上にピラー脚とエアコン付きの機材庫を作りたかったのだけど、それは、管理上無理と強烈に拒否された。
落とす所は落とし、オヤジが負ける所は負ける振りをしないと、話が進まない。(爆)


(画像は、KYOEIさんから、無断借用(汗))
確保したスペースの面積は、正三角形に近いので、色々調べたら、以下の簡易プチドームの図面だとギリギリスペースが足りない模様(汗)。

業者さんに見積中だけど、多分、購入する物・自分で工事する基礎など、全体でも70万位だと思う。
2級河川の土手まで10mも無く、北西・北・東・南は、今のピラーの場所よりLEDの外灯も無く断然暗いナイスなロケーションなのだ。

唯一ならぬ唯二の問題は、
1)AC100Vの引き込みが私道を横断する事。これは、ここに外灯を付けろと言って、分岐してAC100Vを泥棒する。天体観測で使う電気なんて鼻糞だ!
2)下の図面を合わせると、観測を開始する時、鏡筒方向の蓋を外に出して水平にセットすのだけど、その出っ張りが水平距離で60cm位有る。
つーことは、5.5mx5.5mx7.7mでは、足りないので、もう少し広めの三角地が必要と、あのおっさん達には駄々を捏ねる。
多分6.0mx6.0mx8.5mは、必要だと思う。おっちゃん達へは無理なら契約しないと言って脅す。
これなら、360度、どの方角でも60cmの蓋を出しても問題が無さそうなので。(笑)
まっ、本体一期目の工事が来年春なので、プチドームの工事は丁度来年の今頃から基礎工事かも。基礎一日・組立1日との事。

来年まで、時間があるので慎重に色々検討しよう。(ボケ防止もあるし)
国際光器さんのFRPプチドーム(こちらが本命だったのだ)も良いと思ったら、取り扱っていない模様で凄く残念だ。

オヤジ について

昔、柔道4段、剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 Kanagawa pref. Japan
カテゴリー: 天体観測, プチドーム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。