寝ようと思ったら星が!!!!

何時もの19時過ぎに就寝。
21時に野暮用で起きて、何時もの、半口開けて空を見上げ・・・・北極星がピカーーー。
これじゃ、寝る訳にも行かず。
かと言って、暗くなってから重いC11の光軸調整は危険。
実は、昼間、C11の光軸調整を北側縁台でするため、糞重いCGX赤道儀を北側に移動していたのだけどね。(腰痛い)

そんな訳で、お手軽なAZ-GTiを出して、何を載せようか考えていたら、36EDが付いていた。(爆)
何時もの、SharpCapに赤を表示させ北極星をその上に載せる。
続いて、2スターアライメントで、最初のカペラがいきなり真ん中。
本当、お手軽だわ!(笑)

眠くなるまで、(01時頃)ニワトリ中

【今夜のGPV予想】

【今夜の機材】

・赤道儀:AZ-GTi赤道儀モード(オフガイド)
・鏡筒:36ED+フラットナー f:221mm F6 (合計焦点距離586mm)
・カメラ:ASI183MC Pro. (光害フィルタは付けてない)
・PC:ASUS ZENBOOK BX310UA-FC1001T(8GB+500GB)
・電源:スマホ充電用2.6Aの充電池

【6cmのバーティノフマスク】

小さ過ぎて、フードに取付用がないので、パーマセルテープでペタ。

【AZ-GTi赤道儀モードでステラショットにASCOMで接続】

前回は、WiFiの接続でも不味かったのかも。
確り、「SynScanMoblm Telescope」で繋がった。

【IC342をステラショットで導入】

APTの画面で真ん中に来た。(対象が小さいのでコンポジットしないと?)

【手順メモ】

・鏡筒の真ん中に、微動雲台の水平・垂直ツマミで、北極星を入れた。(笑)
・SynScan Pro App, Version 1.11.0を起動
・WiFiを繋ぎ、SharpCapを起動し画面上から2スターアライメントを行った
・APTを起動、PointCraftで、星を導入
・リストに載ってない星があったので、ステラショットを起動
・ASCOMで接続し「SynScanMoblm Telescope」の設定でOKを押し
・以後、自動導入は、ステラショットで星を選んだ。

鏡筒の焦点距離が221mmなので、極軸合わせが簡単だったけど、焦点距離が伸びたらポーラーアライメントするんだろうな。

今夜は、単3充電池8本を入れて様子を見たので、ケーブルは、冷却カメラ(ASI183MC Pro.)からのUSB3のケーブル1本だけだった。
短時間(15秒)多数枚(今夜は、50枚)なら、お手軽機材でプチ遠征にも使えそう。

AP2軸赤道儀を買って、喜び勇んでプチ遠征。手動導入が全然できずの3時間。
肩を落として帰宅したのが懐かしい。(汗)

【画像】

この季節、東西の北側半分は、新幹線や送電線・LED街灯などで対象も殆ど見つからない。
また、焦点距離が221mmなので、IC342を50枚撮ってコンポジットしたけど、真ん中にポツンと薄いオレンジ色の部分があるだけで(爆)止めた。

M44

Exp15sec. Gain270 50枚をコンポジット

 

M31

カメラの向きが、、、、変

【メモ】

・AZ-GTiには、可搬性が有るので短時間・多数枚で利用するのがベストかも。
・PCとAZ-GTiの間が驚く程、スッキリする。
・冷却CMOSカメラからのUSB3.0のケーブル1本
・PHD2でオートガイドするなら、ガイドカメラからのUSB2.0のケーブルが1本追加
・冷却するなら、DC12Vバッテリーからの冷却用ケーブルが1本追加
・やはり、身軽でプチ遠征に行くなら、オヤジは、オフガイドを選びそう(笑)

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: AZ-GTi, 天体観測 パーマリンク

2 Responses to 寝ようと思ったら星が!!!!

  1. にゃあ のコメント:

    SharpCapにステラショットにAPT、どれでも使えるんですね。特にGOTO++とか便利そう。迷い箸してしまいそうです(笑)

    • オヤジ のコメント:

      にゃあさん
      こりゃ、事件ですよ。(笑)
      PointCraftで、一発ですね。少しずれているので再調整で完璧です。
      こんな物が3マン円って、信じられないです。
      これなら、オヤジでも遠征で使えますね。
      今夜は、オートガイドも止めて、電池八本で、冷却カメラのケーブルだけです。
      お手軽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。