C11 XLTでニワトリ

C11の光軸調整は、まだ、少し残っているので、今夜はこの調整が納得できれば閉店しても良いと思ってる。
と、言うか、00時を回ってから良く成るGPV予想だけど、外れもあるでよ。(笑)

【準備完了】

今夜は湿度が低いので、乾燥空気は取り付けてない。
StarSence AutoAlignと、オートガイド鏡が同じビクセン規格のアリガタレールに乗っているので、アライメントが終わるまではガイド鏡は取り外してある。

【C11をCGXに載せるのは大仕事(笑)】

C11を取付台に置く

C11を、Losmandy規格のアリミゾに取り付ける

ウェイトを2個(後に足りなくて3個になった)取付で、RA・DECともバランスを取る

カメラとStarSence AutoAlignを取り付けると、ウェイトは3個(15kg)に増量になる

【GPVのデータ】

00時を回らないとclearに成らないようだけど、まあ、最近GPV予想は神社のお札以下。
観天望気で、早めの対処。

【今夜の機材】

脚:自家製コンクリートピラー脚
赤道儀:Celestron CGX
アライメント:StarSence AutoAlign
鏡筒:C11 XLT f:2800mm
カメラ:ASi071MC Pro. マイナス10度で冷却の予定
オートガイド:M-GEN ガイド鏡:f:240mm
PC:ASUS ZENBOOK BX310UA-FC1001T(8GB+500GB)

【ロングなアイピース】

買った切り忘れてた。
便利かそうじゃないか、テストしてみよう。

【トライバーティノフマスク】

80点は、貰えるかも。
やっと、調整のコツが解って来たけど、真上の明るい星だと、鏡筒にハシゴを掛けないと調整出来ないので、ステナビ10等で、輝星が低高度に出る時間などをチェックして置かないと、重い鏡筒を出しても調整できないことも起きる。(汗)

【メモ】

  • ロングなアイピースはペケ
    普通のアイピースが1円玉の範囲が見えるとすると、直径で1/3位の狭い範囲。
    まあ、アライメントで星を導入する時は範囲が広いので良いかも知れないが、狭い視野、評価は色々だろうな。
  • 昨夜は、CGX赤道儀が言う事を聞かなくなり、重い鏡筒を載せたので早々と諦めることも出来ず。
    どうも、オヤジの庭には、赤道儀不具合大魔王が降臨しているのかも。
    今まで、Advanced-VX・CGEMも何度も制作会社に行ったり・帰って来たり。
    信頼度が高くないと、使いたくなくなる。特に重い鏡筒などでセットした夜は落胆するな。
    また、CGXは会社送りになると言うか、送り付けてやる。!

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ニワトリ, トライバーティノフマスク パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。