AZEQ6GT赤道儀常設完了

昨日の昼に届いた赤道儀。
ASCOM接続やらソフトウェア―の世界は、WinPCでもandroidタブレットでもスマホでも、自動導入出来るようになった。
一番疲れたのは、アルミどうなつ円板の内径を4mm広げる「筋肉技」昼御飯、箸が持てずスプーンで食す。(汗)

【ピラーに赤道儀を載せる】

 

【筋肉技】

Advanced-VXの三脚と、このAZEQ6GTの三脚。
赤道儀の底が接触する部分は、同じだろうとアンチョコに考えていたら、下の写真のように、Advanced-VX用は、内径61mm、AZEQ6GTは65mm。

最初は、左の写真のベース(肉厚10mm)の内径を4mm広げ(ヤスリだけで)ようかと思ったが、流石、肉厚10mmは大変。
以前、名前が解らないけど、普通のアルミより硬質なアルミ(軽さは一緒)を1個制作を依頼したけど、計画が変わりそのままになっていた円板(肉厚5mm)を左の写真の上に載せると上手く納まりそう。

と、言う訳で、ヤスリでギコギコ。
ところが、硬いの何のって!硬過ぎ、途中まで広げたので万力と筋肉とヤスリ3本を使って何とか4mm広げた。(汗)(汗)(汗)
で、上の常設の写真になる。

【庭でWi-Fi】

Androidのタブレットでもスマホでも、3スターアライメントも出来る。導入も出来る。
右のスクリーンショットはノートPCでの操作。
星図ソフト(ステラショット8)でもASCOMで接続できる。APTでも接続できる。
何より、ケーブルが電源ケーブルだけって言うのがグー。

 

 

 

【常設完了】

 

【動画】
このWordPressは、動画5MBなのか。(汗)
仕方ない、YouTubeにお世話になろう。(笑)

あっ、何か長い物を載せないと動きが見えないのでSD115Sを載せました。

 

オヤジ について

自転車・天体観測・DIYなどが好きです。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
カテゴリー: AZEQ6GT, 赤道儀 パーマリンク

2 Responses to AZEQ6GT赤道儀常設完了

  1. TANKO のコメント:

    架台だけでなく、背景の方にも目が行ってしまいます。
    手入れが行き届いた庭ですこと ^^)
    島に住んでいる息子に菜園として使われている観測所周りもこんな風な芝生にしてみたい。

  2. オヤジ のコメント:

    田舎にしては狭い庭なので、芝の手入れに苦は有りません。
    ケーブルも汚れないし、芝は良いですよ。
    でも、芝の中に生える草の芽を摘み取るのが手間ですね。
    コツコツ作業出来る、オヤジの様な年寄り向きですね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。