ニワトリでFS60CBの2連装

鼻風邪・熱発は、驚異的な回復力で良く成って来た。(半分は嘘)
今夜を逃がすと数日、また、天気が期待出来ないので、無理しないで1対象でもL+RGBで撮影できたら閉店の予定。

今夜は、悪天候で延び延びになっていた、FS60CB2連装のテスト再開。
一番の問題は、2本の鏡筒の軸を合わせる事。
本当は、垂直に立っている遠くの人工物が有ると良いのだけど、建物に囲まれて、鏡筒を水平に向けると犯罪に近いと誤解される恐れもあるので、夜空を待って調整することにする。
調整には、以前、あぷらなーとさんに教えていただいた、作業手順に沿って調整する予定。

【準備完了】

USB3.0の2本目のリピータケーブル5m、まだ、届いて無かったので(アマゾンのメールで4日2日届く)、今夜、2本目は3mのUSB3.0ケーブルでごまかす。

ケーブルがスッキリしたので、足回りは安全になった。(汗)

【本日の機材】

  • ピラー脚:自作のコンクリート製
  • 赤道儀:AZEQ5GT
  • 鏡筒:FS60CB + フラットナー 2本(f:374mm)
  • カメラ#1:ASI1600MM Cool + Hα(12nm)
  • カメラ#2:ASI1600MC Cool + UV/IRカットフィルタ
  • M-GEN + 100mmガイド鏡
  • PC:ASUS ZENBOOK BX310UA-FC1001T(SSD500GBに換装済)
  • 自作乾燥空気(今、湿度24%なので使わないと思う)

【M42】

色々、撮ったのだけど、風邪をぶり返しそうなので、今夜はここまで。

今回の軸調整は、上下方向が少しズレたな。
でも、何となくやり方が解ってきたような。(それにしても、庭だけど寒い)

  • L画像

 

  • RGB画像

 

  • L+RGB画像

【二重星団h-x】

  • L+RGB

 

【メモ】

  • あぷらなーとさんからいただいた、2鏡筒の軸合わせ手順。
    ①SharpCapで十字線を表示し、赤道儀を操作して、メインカメラのど真ん中に恒星を入れる。
    ②ガイドマウント(など)を操作して、サブカメラのど真ん中に恒星を入れる。
    ③赤道儀を操作して少し東(or西)に振り、メインカメラの画面端近くまで恒星をズラす。
    ④メイン、サブともに恒星が十字線上に乗るようにそれぞれのカメラを回転させる。
  • FS60CB+フラットナーの2連装、ケーブルだけ外した写真の状態(M-GENのガイド鏡は付けた状態)で、バネ秤で測ったら9.8kg。
    延長棒を付けないで3.7kg2個を一番下まで下げると、ホンのちょっとウェイトが足りない。AZEQ5GTは、ウェイトシャフトがφ18mm(何で、こんな所で他社仕様に合わせてくれないんだか)仕方ないので、延長ウェイトシャフトを軽いウェイトとして利用してバランスが取れた状態。
  • 今(2日10時)気が付いたのだけど、ASI1600MC Coolを付けている側のFS60CB+フラットナー、四隅の星が伸びてる。
    待てよ、締め付けが緩いのか。後で確認しよう。
    前回は、2本の鏡筒とも、問題無かったんだけど。それとも、Hα(12nm)をASI1600MM-Coolに付けたり、UV/IRカットフィルターをASI1600MC Coolに付けたり、この辺も関係あるのか。
    この2個のフィルターを付けるのは明るいニワトリの定番なので切り分けしながら原因を見つけようと思う。

 

オヤジ について

昔、柔道4段、剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 Kanagawa pref. Japan
カテゴリー: 機材, ASI1600MM Cool, ASI1600MC Cool, ニワトリ, AZEQ5GT, FS60CB_2連装, M-GEN パーマリンク

8 Responses to ニワトリでFS60CBの2連装

  1. あぷらなーと のコメント:

    おおっ年明け早々『あぷらなーと流』2連装軸合わせ法を完璧にマスターしちゃいましたかー。作例を見る限りバッチリですねー。これは、私よりもお上手!

    ええと・・・偉そうに講釈たれている私はというと『フルアーマーBORG』の初陣で5台のカメラのうち2個の回転角を90度ミスってたという・・・(泣)。

    足回りのスマートさとか、見習いたいものです。

    • オヤジ のコメント:

      回転角90度って、手動で編集するんですか。(笑)
      笑っちゃ失礼ですが、大変そうですね。
      お蔭様で、軸合わせを含めL+RGBの手順は少し理解が深まった感じです。
      やはり、星で軸合わせは難しいですね。今回も少しずれました。(汗)

      あ、今年もよろしくお願いいたします。

      カメラにフィルター(Hα、UV/IRカット)を今回から付けたことが原因なのか、カラーCMOSカメラ側だけ四隅の星が伸びてることを発見。
      フィルタを付けない時は、2本の鏡筒とも四隅は真ん丸だったんですが。
      もしかしたら、取付が緩んでいたか、バックフォーカスとかシムリングの世界かもです。(汗)

      • あぷらなーと のコメント:

        90度ズレが生じたのは、雲の襲来で惨敗した先日の時でしたので、元々使える画像が無くてセーフ。さっそく次の日の出撃では直しました。
        いやー、いつもはビームスプリッタの直交部分を上に向けてたのに今回に限って横に向けてたので単純に勘違いしてましたー。

        • オヤジ のコメント:

          そうでしたよね。
          暫くブリのビームスプリッターが横向きなので、バランスを考えてのことかと思ってました。

          夜間診療で、インフル判明。
          熱は下がりましたが、数日は、大人しくゴロゴロ相撲部屋の昼寝時間を過ごします。(汗)

          • あぷらなーと のコメント:

            大変!インフルエンザにやられちゃいましたか。
            こればかりは気合いでは治りませんので、ご無理なさらず自愛くださいませ。

            さて、ビームスプリッタを横に向けたのは接眼部の強化ステーを2本に増やした関係です。こうしないと干渉するので・・・。

          • オヤジ のコメント:

            そういう事でしたか。
            組み立て方は、頭の体操に成りますね。
            インフルはかかった事無かったので、薬が良く効きました。(笑)

  2. k のコメント:

    インフルエンザだったのですか!それはかなり、お辛かったはずです。晴天を逃せないお気持ちは物凄く解りますが、どうぞお大事になさって下さい。

    • オヤジ のコメント:

      kさん
      昨日は、資源ごみ当番に出たり、昼間は熱も無く快調だったのですが、夜、熱発しました。(汗)
      >晴天を逃せない
      はは、見抜かれてますね。
      確かに、昨年は5月以降、湘南の海沿いの天気にも悩まされ、全然、天体観測が出来ないことが多かったです。
      準備完了したら雨が降って来た事も多々。
      一応、今日も大人しく過ごして、明日以降ですね。(笑)
      ご心配、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。