シガーソケット8連装

シガーソケット、最大公約数で8連装を作った。

  1. 赤道儀用電源ケーブル
  2. 冷却CMOSカメラの冷却用電源ケーブル#1
  3. 冷却CMOSカメラの冷却用電源ケーブル#2
  4. ノートPC(12V→19.1V)用電源ケーブル
  5. M-GEN用電源ケーブル
  6. 乾燥空気ポンプ用電源ケーブル
  7. USB3.0の5mリピーターケーブル2本のセルフパワー用(12V → 5V)電源ケーブル
  8. 予備


オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: 機材, DIY パーマリンク

6 Responses to シガーソケット8連装

  1. TANKO のコメント:

    これの電源供給元がどうなっているのやら、想像がつきません。
    バッテリー数台を用意?
    それとも、例のAC電源リール?

    • オヤジ のコメント:

      家では、トランス式の安定化電源(アマチュア無線用)10A/h、プチ遠征は、バッテリー105A/hの重たいのを使ってます。
      どちら共、同じソケットでこの写真の8連装に繋ぐようにしてます。
      配線を束ねたりすれば本数を減らせるのですが、機材が変わると繋ぎを変えないと不味くなり、結局、面倒。
      で、機器毎に1配線(,ケーブル)にしました。応用が効くので、1番便利です。(笑)

  2. TANKO のコメント:

    なるほど。
    機器構成はいっぱいでも、バッテリー一台でまかなえているのですか。

    • オヤジ のコメント:

      前は、35A/hと45A/hの2個のバッテリーを使ってました。(重いので分散)
      でも、負荷の繋ぎ方で、片方が早々とSOSの時があって、面倒なので1個の大きいのにしました。(汗)
      ・CMOSカメラ2台を冷却しつつ、
      ・ノートPCを起動
      ・M-GENを起動
      ・乾燥空気ポンプを起動
      この状態で、赤道儀AZEQ6GTを回しても2.3A位ですね。
      日周運動中だと、変動はしますが平均1.5A位ですね。
      105A/hの30kg近いバッテリーですが、単純計算で50時間以上。
      実際は、そんなこと無いです。
      連続で天体観測しても、朝までは余裕ですけどね。
      冬だと、どうなるんでしょう。3割とか4割は、弱くなると思いますが。
      AC100Vの直流安定化電源は10A/hの余裕があるので、2.3A位ならダイジョウVです。(笑)

  3. TANKO のコメント:

    うちのは、スライドルーフでの使用なので、
    ・赤道儀用
    ・PC用
    ・乾燥空気のポンプ用(反射用)
    ・冷却カメラ用
    ・結露防止ヒーター用(屈折用)
    ・EOS用電源用
    ・足元照明用
    ・足温器用
    以上の8つ、全てAC電源より取得。
    5口タップと3口タップの2つの延長コードでまかなってます。
    タップに挿しっぱなしですね。

    • オヤジ のコメント:

      スライドルーフに必要な物が見えて楽しいですね。
      今年の秋には、プチドームになるか、今と同じコンクリート基礎を打って、ピラーをニョキニョキ生やすか決めます。
      どう、考えてもスライド式は無理だと思いますが、色々経験されているので、また、教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。