ニワトリでお久しぶりのC11 XLT

正月は、インフルになって、とてもじゃないけど、一番重いC11(AZEQ6GTもお久しぶり)を出すことができなかったので、本当、お久しぶり♪ね。

【準備完了】

C11の外気順応中(16時~、撮影は19時00分~)

【本日の機材】

  • ピラー脚:自作のコンクリートピラー脚
  • 赤道儀:AZEQ6GT
  • 鏡筒:C11 XLT (合計焦点距離 f:=2800mm+APS-C=4200mm)
  • カメラ:ASi071MC Pro. + IRカットフィルター -10℃(予定)
  • M-GEN + f:240mmガイド鏡
  • PC:ASUS ZENBOOK BX310UA-FC1001T(SSD500GBに換装済)
  • 自作乾燥空気(今夜も湿度が低いので、使わないと思う)
  • アプリ
    SynScan Pro. v1.13.0
    SharpCap v3.2
    APT v3.62

【M1】
Exp 90sec. Gain240 M-GEN 50枚

【M81】
Exp 90sec. Gain240 M-GEN 30枚

【M51】
Exp 180sec. Gain240 M-GEN 50枚
一番、力を入れて撮影したのだけど、最初から2/3までは、公道のLED街灯が母屋の白い壁に写って、それを拾ったのか、真っ白化!
寒いから、早めにスタートしたけど、もう少し鏡筒の高度が上がるのを待って撮影すれば良かった。
3分でもオートガイドは、それなりに。(汗)

【メモ】

  • 新幹線の営業運転中は、振動が酷いので余りやる気はないのだけど、M36に向けて、M-GENのキャリブレを始めたら、右向き→が使えない。
    M-GENはもう1個あるので、本体を交換して再度キャリブレすると、右向きを含め上下・左右の矢印キーは皆使える。ハード的にスイッチが逝ってしまったのかなーぁ。
    2セットあるので、当面は困らないけど、ショップに連絡しないと。(何処で買ったっけ????修理・修理)
  • 23時20分が過ぎたので、新幹線も営業運転終了。
    保線の列車が走ってる。
    そんな訳で、C11で、M51を初めて180秒(30枚)のオートガイド中。
  • 閉店時、素手でC11を持ち上げようとしたら、滑りそう。
    慌てて戻して、軍手(手の平にゴムが塗ってある滑りにくい軍手)で作業再開。
    閉店時の02時には、氷点下2℃。体も寒さで硬くなるので、鏡筒を落下させないように気を付けようと思った。(既に、2本、大きいのを赤道儀から落下させた経験あり:汗)

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: コンクリートピラー, AZEQ6GT, ニワトリ, ASi071MC Pro., C11 XLT, M-GEN パーマリンク

6 Responses to ニワトリでお久しぶりのC11 XLT

  1. タック のコメント:

    オヤジさん、 180 sec の露出時間でここまで写るのですから、やはり280mm の口径はすごいですね。我が家も口径 130mm から 200mm に戻そうかなと思ってしまいました。 

    • オヤジ のコメント:

      難しい事は、全然理解できないのですが、前に、長焦点鏡筒は、光害に強いとか。
      何時か、デカいの買いたいと思っていたのですが。
      フードが、可成り長めかもですが、それでも、LED街灯は拾ってますね。(汗)
      23:20分を越えると、新幹線の営業が終わるので、そこからなら、オートガイドも8分とか、前にやった事があります。M-GENは、何も知らなくてもガイドしてくれるので助かります。
      問題は、眠くなってしまう事です。(笑)

  2. あぷらなーと のコメント:

    最近小さめの屈折ばかり使ってますが、こうして見ると、大口径の破壊力は絶大ですねぇ。
    早くVMC260Lを出せるようにリハビリ頑張ります。まだ1kgまでしか持ち上がらないので、まだまだほど遠いですが・・・。

    • オヤジ のコメント:

      冬は、筋肉も関節も力半分と、柔道と剣道の経験で覚えました。
      無理しないでください。引き続きお大事に!
      取り敢えず、2連装が大体使い良くなって来たので、昨夜(もう、一昨日)は、重たいのを出しました。
      真冬は、腰もヤバイし、乾燥してるので鏡筒が滑り易く危険でした。(笑)
      でも、アイピースに切り替えて、アチコチ探索するのも面白いですね。
      NGCとかICとかも、星図ソフトを見ながら自動導入!。
      それにしても、日没後、急激に気温が下り、直ぐ氷点下!
      寒いし、ピントが、少しずつずれますね。(汗)

  3. ひで のコメント:

    やりましたねー!!
    すばらしいです!!
    超焦点はガイドが難しいですが、しっかり点像になっていますね。
    かに星雲も詳細なフィラメントまで確認でき、大口径の迫力です。
    この時期の深夜は底冷えするので
    お体に気をつけて楽しんで下さいね。

    • オヤジ のコメント:

      ご無沙汰してます。(汗)
      天体観測、やることが沢山あって、Blog巡回をサボっておりました。
      フードを沢山作って、小学校の図工の時間、指先を使うのはボケにいいらしいので、友達の分まで作ってました。
      C11、我家で一番大口径ですが、大き過ぎてフラットをどう撮ろうか、考えが纏まりません。
      240mmのガイド鏡をM-GENで動かしてます。
      OAGは、とっくの昔に「グリコのお手上」げになり、残骸も納戸の一番奥に仕舞いました。(笑)
      C11のフラット、これが問題ですが、今夜(23日)黄昏時フラットを撮ったら、結構うまく行ったようなので、画像処理してフラットが当たっていたら、C11も、このスタイルでやろうと思ってます。
      それでは、風呂に入ったのでお休みなさいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。