ニワトリでC11+Flat撮影

EdgeHD800+RDで、大分、時間をロスしたので、Flat板を使ったフラットの撮影。
後、少し遠くの銀河とか、撮ってみたい。

【準備完了】

昨年買って、箱から出しても無かったドットファインダー。
今は、PCスタンドがあるので、アライメントの星に鏡筒が向いたら、PCスタンドを移動して、ターゲットを感覚で動かして入れている。
最初が入れば、2回目以降、画面の何処かに居ることが多いのだけど、最初の星はたまに画面に入らなくて難儀することもある。
今まで、フリップミラー+アイピース(セレストロンの付属品:40mm)でやっていたけど、それなりに重いので、ドットファインダーが使えれば、取り去ってスッキリしたい。

ドットファインダーとガイド鏡は、同時に使わないけど、外すのを忘れた。(爆)
アライメントが終わったら、ドットワインダーを外してガイド鏡を載せる予定。

【本日の機材】

  • ピラー脚:自作のコンクリートピラー脚
  • 赤道儀:AZEQ6GT
  • 鏡筒:C11 XLT (合計焦点距離 f:=2800mm+APS-C=4200mm)
  • カメラ:ASi071MC Pro. + IRカットフィルター -10℃(予定)
  • M-GEN + f:240mmガイド鏡
  • PC:ASUS ZENBOOK BX310UA-FC1001T(SSD500GBに換装済)
  • 自作乾燥空気(今夜も湿度が低いので、使わないと思う)
  • アプリ
    SynScan Pro. v1.13.0
    SharpCap v3.2
    APT v3.63

【青空フラット】

黄昏時フラットは、もう少しテキパキ作業をこなせば使える感じ。
じゃ、ニワトリの場合は、15時頃にはセットが終わるので、悪乗りで「青空フラット」って駄目なのか。
身体で覚えるLinuxとか、Linuxを背負い投げとか、身体で覚えて来たので、笑われても構わないので、テストしてみることに。

この後、生ごみの袋を同じ枚数だけ増量。
そしたら、露出が0.01秒位になったけど、基本、もっと光の通らない物(A2版)を探さないと。
それに、昼間なので、フードの外側にスッポリ入る円形の枠?(言葉が見つからない:ボケだ)を作って、フードに被せてFlat撮影するようにしたら、もしかしたら昼間でも1秒とか2秒のプランが出来るかも。
お金は百円玉の世界なので、やって見よう。
つーわけで、今日は、黄昏フラットで撮影しよう。(汗)

【青空フラットのメモ】

  • ステライメージ8の周辺減光のグラフ、左は平で右だけ下がってる。
    左側のお隣の台所の明かりが5m。
    やはり、横からの迷光を防ぐような枠を作らないとだめだな。
    4回フラットを撮ったが、こりゃ使えないわ。
    明日、突貫工事で、丸い枠をフラット板に取付よう。

【M64+Flat】

被りを受けたFlatですが、M64(55/60枚)に適用。
何故か、センサーのゴミ2か所が消えて、周辺減光も殆ど気にならない。
ダメダメFlatでも、Flat画像なんだなーぁ。

Exp90sec. Gain240 55/60枚をコンポジット(C11で見えたまま、トリミングは無し)

新しい強固(爆)なガイド鏡(240mm)+M-GENでやはり星は少し歪になるか。
背景が暗過ぎたので、少しレベルを上げて区切りの線を見えるようにした。
殆ど丸に見えるな。

【M1+Flat】

【NGC2392+Flat】

 

【メモ】

  • 今にも、雨降りそうな真っ黒な雲・・・・・この後、晴れる予想なので様子見。
  • 強固なガイド鏡(爆)は、90秒のガイドだけど、星もそんなに流れてないので、重いけど取り敢えず使うことにした。(OAGは、何度かトライしたけど、グリコのお手上げ状態継続中)

オヤジ について

自転車・天体観測・DIYなどが好きです。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
カテゴリー: ニワトリ, フラット画像, コンクリートピラー, AZEQ5GT, C11 XLT, ASi071MC Pro., M-GEN パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。