ベルボンのプレシジョンレベラーで1倍ファインダー

SynScan Proで扱える赤道儀を使うようになって、SD115S・EdgeHD800・C11 XLTのフリップミラーに付けていたアイピースを外してしまった。
導入精度が良いのか、ファインダーが無くても、1番星さえPCの画面に入れば、2番目・3番目の星はPC画面の操作だけで真ん中に導入出来ていた。

遊びで、ニワトリをやっている時、ガレージに有った金属製のパイプ50cm位を星に向けたら良く見える。(笑)
もしかしたら、1倍のファインダーで1番星を導入できるんじゃねーか。

で、お遊びで、M-GENのガイド鏡の脇にタイラップでパイプを括り付け、一番星を導入。
あっけない程簡単に、PCの画面に1番星が。
f:2800mmのC11でも1発導入だ。

そんな訳で、もう少し真面なファインダーを作ろうと言う事で、ガラクタ箱を引っ掻き回していたら、ベルボンのプレシジョンレベラーが1個出て来たので、あーでもないこーでもないと、脳味噌の柔軟体操。

こんなのを作りました。
すでに、SD115S・EdgeHD800・C11 XLTでテスト済み。
簡単に1番星を導入できる。
パイプの内径が5mmとかだと、光が中で反射してしまうので、色々、DIY店でパイプを買い込みテストしたけど、今はφ12mmのアルミパイプ35cm位を使っている。
某社のXYドットなんたらは、買ったけど、どうセットしてもユルユルで使えたもんじゃなかった。

パイプは、金具の上にホットボンドで固定しているけど、金具に穴を開けて差し込み固定する方法に作り変える予定。

SD115Sにアルカスイス規格で取り付けた所
アライメントが完了したら、この1倍ファインダーは外して、M-GENのガイド鏡を取り付けて、ニワトリ開始する流れ。

 

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: DIY パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。