AZEQ5GTのRA側ガタ調整完了

昨年12月20日頃購入したAZEQ5GT。
軽い鏡筒を載せるのと、プチ遠(近)征用で購入したのだけど、購入翌日だったかニワトリしたら、星が「蛍の乱舞のような軌跡」になるとショップさん経由でメーカーにクレーム。
即、交換とのことで(やけに反応が早い)、1番目の赤道儀は、我家に1泊2日で、某社に帰って行った。

数日後、新しいAZEQ5GTが到着。
早速、ピラー脚に取付、オフガイド・オートガイド、色々やってみたけど、今度は綺麗に星が丸く見えている。
しかし、翌々みると、ウェイトシャフトの先頭(一番下)で東西方向で

5mm ←・→ 5mm

も動く。

まあ、RA側なので、日周運動中は、同じ方向だけに動くので、何も問題無いのかも・・・・調整しようかな~やっぱり壊しそうだから止めようかな・・・・で、今日まで来たのだけど、どうしても気に要らない。
なお、SynScan Pro.でも自動導入では、最後に上↑・右→を押して導入ボタンを押すことはやっていた。(笑)

ありがたいことに、
星友やまぎりのブログの「やまぎりさん」の

「Skywatcher AZ-EQ5GTのメンテナンス&verUP!」

を発見!、何時か、オヤジも調整に挑戦したいと思っていた。
やまぎりさんはDEC側の調整なので、事は重大。
オヤジの場合、DEC側は何も問題無く、RA側のガタが無くなって欲しいだけで実害はないのだけど、精神衛生上やっぱり否なレベル。(汗)

一人で作業しながら、油汚れでスマホ(スマホも油でべちゃべちゃ)で撮影。
手や腕が足りなくて、写真を撮れない所もあったけど、取り敢えず、ここに張り付けて、雨・曇りの日に編集を続けたい。

結果を先に言うと、オヤジには難しかったが、ガタガタは全く無くなった。
一度目は、回転も滑らかになったので、4本の黒いネジを締めて調整完了としたら、RA軸がビクともしない。(爆)
バラバラに3度して、ネジ・イモネジの役目を理解。
少し調整してみたら、4本の黒ネジを締めてみると、微妙に回り方が違うので、

  • イモネジ
  • その真ん中の黒い六角ネジ
  • 4本の黒い六角ネジ

この辺を何度かやって、調整のコツを理解できた。(笑)

↓ 快適になったAZEQ5GTの動画です。愛猫が一部、勝手に出演してます。

Blogで、分かり易い写真入り調整を掲載していただいた「やまぎりさん」には、感謝いたします。m(_ _)m

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: AZEQ5GT タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。