ピラー脚用電源・乾燥空気BOXが床下浸水

最高の出来だと思っていた件名のBOX。
一昨日~昨日降った小雨、今日、雨には耐えたかなとチェックしたみたら、上蓋は凸凹で強度を上げてる形なので、雨が溜まっている。
これは想定内なのでOK。

待てよ、BOX全体が深さ4cm位水浸したよ。
参ったなーぁ、と、思っていたら、5分もしないでバラバラ。(爆)
頭に血が上り、写真を撮るのを忘れたが、これが、そのガラクタ。
↓(ガラクタ、燃えないゴミの日に出す)

ギリギリセーフで、定電圧電源装置は、床下浸水なので助かった。
もう、ごちゃごちゃ考えない。
赤道儀が濡れたことは、台風2つ3つやり過ごしているけど、丈夫な赤道儀カーバーを使ってから一度もない。
そんな訳で、直流安定化電源は、ピラー脚に吊り下げることにした。

TeleGizmos 365 Series #2

乾燥空気BOXは、何時、ニワトリが出来る夜空になるか解らないので、工具BOXのような入れ物で、作り直し、ウェイトが入っているBOXで保管することにした。

直流安定化電源は、適当な金具が見つからなかったので、盆栽用の針金で、縛り付けているけど、何れ、電源と乾燥空気BOXは、ピラー脚に取り付ける予定。(ピラ―脚が円筒状なので取付難い:笑)

これで、取り敢えず、何時、ニワトリになっても問題なし。
それにしても、最近は、星の見える夜空と縁遠い湘南になってしまった。(汗)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: DIY, コンクリートピラー, 乾燥空気BOX パーマリンク

ピラー脚用電源・乾燥空気BOXが床下浸水 への6件のフィードバック

  1. やまぎり のコメント:

    こんばんは!

    うちのベランダ小屋は今週の雨で屋根に張ったシートとシートの間に雨がたまっていて、危うく赤道儀と鏡筒にシャワーを浴びせるところでした。。
    オヤジさんのところも機器に被害が無くて良かったですね。

    天気ですが2月中旬から晴れ間が少なくなっている様な。。今週も結局撮影できていません。自宅撮りの環境が整っただけにストレスが溜まってしまいます。。

    AZEQ5の調整、お役に立てて良かったです。
    実際の性能にはあまり関係ないと思うのですが、個人的にはAZEQ5とAZEQ6の形状が赤道儀としてはカッコ良い!と思っております^^

    • オヤジ のコメント:

      やまぎりさん、コメントありがとうございます。
      自宅観測所パッカーンシステムや、バーティノフマスクのパッカーンシステム、日に何度も拝見してますよ。
      この世界、試行錯誤が一番の栄養ですね。(笑)
      でも、雨が溜まったけど、お高い機器には特段の影響が出なくて良かったですね。
      事象があって、原因を見つけて対策、これを繰り返すと万全・最強システムになるんでしょうね。
      こちらも、ギリギリセーフでした。
      BOXを持ち上げなかったら、高さ4cmの浸水、ケースは透明、雨水は綺麗なので気が付きませんでしたからね。(汗)
      天気
      こちらは、やまぎりさん方面のコピーですね。オマケに海沿いで快晴の夜空でも、次々に白い雲が北上してます。
      AZEQ5GTのガタ調整、本当に助かりました。
      RA側ですが、レンチを持ってネジを回す時、心臓の鼓動が聞こえてきました。
      カバーを外し、DEC側をそっくり1式除けて、RA側のカバーを外したら、やまぎりさんのblogで見覚えのある景色・・・・本当にほっとして、翌々考えたら、自分が赤道儀の開発者なら、DECもRAも同じ機構が使えるように考えますからね。
      本当、ありがとうございました。でも、まだ、夜空で通電してないのですよ。
      少しでも星が見えれば、三脚もトラベル三脚(改造)に載るようにしたので、玄関ホールに置いてあります。(汗)
      AZEQ6GTは、アリミゾが軟でヤバイので、COSMOの天文工房さんに丈夫なLosmandy規格のミゾを制作して貰ってます。一応、発送は3月5日頃と言うことで、楽しみにしてます。
      AZ-GTi、AZEQ5GT、AZEQ6GT、本当、トラブル無く動いてくれるし、スマホのSynScan Proのアプリ1本で、皆、コントロールできるのでありがたいです。(笑)

  2. タック のコメント:

    我が家の簡易観測所も、建て付けが素人レベルの大工仕事なので心配です。

    こうやって、色々な情報を交換できるので、助かります。私のSkyExplore SE2 もネットの情報のおかげベルトドライブ化 & ウォームギアの調整を行うことが出来ました。たすかりますよね。

    • オヤジ のコメント:

      AZEQ5GTのガタ調整は、本当、助かりました。
      興味有っても、具体的なパーツの規格とか調達先が書いてなかったり、色々ですけど、写真入りで詳細に書かれているとBlog主さんの心が伝わりますね。
      そういう意味では、タックさんのBlogもそうです。
      お世話になってます。

  3. あぷらなーと のコメント:

    折角の力作が浸水とは!
    やはり雨天に耐えうる装置の構築は難しいのですね。

    こちらはピラーと赤道儀以外は毎回撤収していますが、もうすこし常設できる機材が増やせれば楽になるのになぁ・・・と悩んでいます。

    • オヤジ のコメント:

      BOXに電源を入れるから、フィンが熱くなるので、吸排気が必要になって。
      初心に帰って、直流電源装置には放熱板が裏側一面についているので、ピラー脚の上の方に留めることにしました。
      TeleGizmosのカバーは、分厚くて安心ですね。
      矢張り、電源・乾燥空気・ケーブル類がピラー脚の根本にあると、アット言う間に設定がおわります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。