C5で星を見た

GPV予想じゃ、ニワトリはやらないような天気。
でも、C5が来たので、どんな風に見えるのか、空を見ながらテスト。
それにしても、結構、星が出てるけど今夜の予報はどうしたんだ。

予報を出す人は、「天気が外れた」じゃなくて「天気がずれた」とか、言うらしい。(笑)

しかし、風が強くて風邪を引きそうなので、北極星は見えないけど母屋を盾にしてAZ-GTiにC5を載せて、設定完了。
北極星は母屋が邪魔して見えないので、いい加減に向けた。

【本日の機材】

  • ベルボンの古い三脚
  • ハーフピラー
  • AZ-GTi(赤道儀モード)
  • C5 XLT
  • ASI1600MC Cool
  • AC100V/DC12V 10A アダプタ使用

【M42】

20sec. Gain300 18/20枚をコンポジット/トリミング無し
20秒/20枚撮影中に、M42が少しづつ動き、画面から消えそうになったので(汗)、この後、北極星が見える北側の観測縁台に引っ越し(汗)

北側縁台で、更にM81-82を撮る
20sec. Gain300 18/20枚をコンポジット/トリミング無し

【メモ】

  • フォーサーズのASI1600MC Coolでも周辺減光が見える。
    次回は、ASI183MC Pro.でテストしてみよう。
  • 偶然だけど、C5は、SD115S用のバーティノフマスクが丁度良い大きさだった。
  • 次回、この機材だけで、プチ遠(近)征行ってみたい。
  • チッコイ鏡筒なので、ナメテかかったけど、1250mmの焦点距離。
    北側縁台では、PoleMasterで確り極軸を合わせオフガイドしたけど、新幹線の振動が入りっぱなしでC5には申し訳ない。(汗)

オヤジ について

昔、柔道4段、剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 Kanagawa pref. Japan
カテゴリー: AZ-GTi, C5 XLT, ASI1600MC Cool, ニワトリ タグ: パーマリンク

2 Responses to C5で星を見た

  1. あぷらなーと のコメント:

    おおー。
    いつの間にかC5が!!
    小型ながら定評のある筒なので、プチ遠征にはもってこいですねぇ。
    ぜひ、色んな筒で撮り比べして遊んでみてください♪

    • オヤジ のコメント:

      あぷらなーとさんには、年度末でお忙しい時期、お疲れ様です。
      C5は、保有している鏡筒の焦点距離空白地帯にぴったりで、おまけに軽いのでAZ-Gtiの上に乗るので買いました。
      しかし、F値は10なので、極軸合わせをきっちりやらないと、オフガイドが難しいです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。