風邪っぴきなので、庭で色々テスト

昨日のプチ遠(近)征では、玄関に防寒着一式を忘れ、何とか23時まで粘ったけど、やはり、風っぴきになったみたい。(笑)

そんな訳で、田んぼでテストしたかったのだけど、庭で色々テストの予定。

【準備完了】

AZ-GTiは、載せる所がないので、ロングなアリガタプレートの先端にアルカスイスのミゾを取付、PoleMaster/PHD2ガイドをすることにした。

【今夜のテスト項目】

  • AZ-GTi+スカイメモS基台で極軸合わせが上手く操作できるか
    滑らかに動いてくれるので、極軸合わせが楽。もっと早くやれば良かった。
  • PHD2のテスト2回目
    昨夜は、ASUS VivoBook(Win10home) 4GB eMMC64GBでセットしたら、PHD2が入ってませんでした。
    3台のノートPCを観測に使っているので、アプリ等、同じようにインストールして置かないと。
    暖かいとは言え、庭も暗くなると冷えてきたけど、PHD2やQHYのドライバーなどをインストール。
    結局、色々な環境設定でHIROPONさんのドキュメントを確り読まないとオートガイドは出来ないとの結論に至り、ガイドグラフが表示された所で、閉店。(汗)
  • QBP Filterを入れたので、どんなあんばいだべ。
    昨日の田んぼプチ遠(近)征より、メリハリが効いた画像になって驚いた。
    LPS-D1、LPS-V4、LPS-D2、より、このQBP Filteだとニワトリでも楽しめそうだ。
  • BORG71FLは、Flatを撮ったことがないので、トレーシングペーパー1枚のフラット板を作った。撮影する直前に、CCD Flats Aidを実行の予定。
    トレーシングペーパー1枚でも、105秒で20枚。結構時間が掛かるけどやってみよう。鏡筒は動かさないで、二重星団(h-x)を撮影する。

【本日の機材】

  • ベルボンの重たい三脚+ハーフピラー
  • AZ-GTi
  • ASI1600MC Cool + QBP Filter
  • AC100V/DC12 アダプタ
  • PoleMaster
  • LMJC100mmガイド鏡+QHY5-2

【M81/M82】

【M42】

これを撮った時間は、新幹線の混雑時間帯。
40枚撮って、12枚しかコンポジットに使えなかった。
それでも、オヤジ的には、今までこんな風にメリハリがあって色が出る画像は撮れたことが無かった。
ステライメージ8、殆ど何も調整してないのだけど。
QBP Filterは、買って良かったと思えた最初のフィルターだ。(汗)

【メモ】

  • 買ったことも忘れ、PC部屋の片隅の歯間ブラシの箱の間に積んであったQBP Filterに驚いた。
    他の鏡筒でも使ってみたい。
    引用:強力な光害カット効果が期待できます。(KYOEIさんの説明文の一部)
  • 本当に被りも殆ど無い感じ。
    どんな照明器具から、どんな波長の光が出ているのかとか、光害に、このフィルターがどんな働きをするのか、オヤジには殆ど解らないけど。
  • CCD Flats Aidだけど、結局、星や星雲を導入して、Flat板を被せて、先ず、CCD Flats Aidでプランを作り撮影。
    この後、その星や星雲の撮影を開始するのが良さそう。
    黄昏時は、朝も夕方も空の明るさが刻々変わるので、暗くなって星撮影をするような時間でFlatを撮るのが良さそう。
    もう少し、短時間のプランが出来るよう、スーパーの袋も薄い減衰の少ない物を吟味しないと。
    100秒とか、長過ぎ。!

オヤジ について

昔、柔道4段、剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 Kanagawa pref. Japan
カテゴリー: AZ-GTi, フラット画像, ASI1600MC Cool, ニワトリ, BORG 71FL パーマリンク

4 Responses to 風邪っぴきなので、庭で色々テスト

  1. リュウ のコメント:

    こんにちは!
    AZ-GTi を赤道儀で使ったときの微動雲台に悩んでいます。
    スカイメモ用の微動雲台の使い勝手や強度はどんな感じですか?
    完璧ではないけど、まずまず使えるということで良いでしょうか?

    • オヤジ のコメント:

      こんにちは、ご無沙汰してます。
      基台のツマミ(水平2個、垂直1個)いずれも小さ過ぎて、オヤジの指には馴染まなかったので、それぞれ、大きくしました。
      これで、スムースに水平も垂直も微動してくれるのでPoleMasterで正確に極軸を合わせられます。
      最初の写真には、乗せてませんが、極軸合わせする前には、ビクセンの3.7kgのウェイトを▲の物置の場所に置いてますので、位置が動いたりはしてません。
      ベルボンのこの三脚自身、AZ-GTi付属三脚の2倍以上の重さはありますけど。(笑)
      アイベルさんのは、高度調整は、考えたな―と思いましたが、水平方向の微動が無いので、三脚を手で動かす訳ですよね。(笑)

  2. リュウ のコメント:

    早速のコメントありがとうございます!なるほどツマミが大きくなってますね(笑)
    他のもっと丈夫そうなやつとか、自作とか考えていたのですが、オヤジさんが同じような使い方をされているので、非常に参考になりました。
    三脚はビクセンのAPP三脚を使ってます。

  3. オヤジ のコメント:

    そうそう、追伸ですが、
    C5 XLT 、BORG{71FL、36ED)、皆色々付いてますが、4kg以下を載せています。
    高度調整の時、少し支えてやると、全く軽くて極軸合わせは楽です。上げ過ぎる位から下げて調整ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。