新ニワトリ場所、商用電源開通

我慢の出来ないオヤジ。
DIYで材料を全て購入、後は、工事をするだけになると、昼ご飯も食べないで、早速作業。(今頃、腹減った)

【ケーブルを流す】

最終的には、わが方のコンクリート基礎の平な上部に留め具を使って這わす予定。

【私道の横断5.2m】

既に、普通車も4トン車も通過したけど、特段ケーブルプロテクターが動いた様子はないけど、毎日気を付けて1か月しても同じなら安心か。

【電工用防水コンセントを付けてAC100Vの通電】

ここは、元南側のニワトリ場所の防水コンセント。
ここから、通電することにしたので、10m程Fケーブルが短くて済んだ。

【新ニワトリ場所】

ワクワク・ドキドキしながら、テスターをコンセントに入れて。
元々、104V防水コンセントで測ったら100.0V位だったので、電圧降下はこのアホテスターでは測定不能。
で、新ニワトリ場所のコンセントで100.0Vは合格だ。(万歳!)

【直流安定化電源】

これは、元々、ボリュームで0Vから15V位まで可変できる安定化電源

ボリュームを絞った状態:0V (正常)

ボリュームを時計周りに回し切った状態:15V (正常)

【メモ】

  • 私道の横断でケーブルプロテクターを置いただけなのだが、暫く様子見。
    DIYのベテランさんの話では、底面と道路に接着剤を塗った話は聞いた事無いとのことで、暫く様子を見ることに。ダメなら、コンクリートに打てるビスをズブッと。
  • それにしても、100mものケーブルをコンセントに繋いだ経験は無いけど、昔だと相当な電圧降下があったハズ。
    電線の抵抗値が低く、純度の高い銅線なのかも。(1kmの銅線の抵抗が8.9Ωだもんな)

そんな訳で、今夜ニワトリ出来る天気なら、ありがたい商用電源を使えることになった
因みに、オヤジは電気工事士と電検三種の資格も有る。
そもそも、コンセントに100mのFケーブルを差し込んだだけなので、ケーブルタップを繋げただけ、行政・法・資格的な制約は無いハズ。(笑)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: (旧)東の観測場所, DIY パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。