AZEQ5GTのガタ調整

【2019-06-01 追記】

00時頃より星が見えそうなので起床。
一応、赤道儀の動作を確認しようと、アリミゾに手を載せたら!!!DECにガタがある。(汗)
RAを調整すると、RAのガタがDECに伝染するのか。(爆)
気を取り直して、DEC側の調整開始。

何だ神田、もう、02時40分だ。!
観測縁台に赤道儀一式を出そうとして空を見たら、もう、薄明なのか白雲なのか。
結局、深夜のDECガタを取り除いて、DECもRAもガタが無くなった所で、オヤジがガタガタに成ったとさ。

【2019-05-31】

何か、前回と言うか、この赤道儀が来て最初にガタがあるので調整したんだけど、今、その画像を見直すと、DEC側を調整している。
そーーじゃなくてRA側なんだよな。(汗)

何で、DEC側を調整したら、あの時はRA側のガタが無くなったんだろう。
気のせい鴨。(汗)

天気が全然駄目なので、今日は、じっくりAZEQ5GTのガタを調整することにした。
両手だけでは足りなくて、手も汚れるし、撮れた写真だけを張り付ける。

このモータ部分一塊は、上から下までDEC側(汗)

こっちがRA側

ベルトを外して、モーターも外して、ガタがあるので、調整部分を少し押し下げて、回転具合が重過ぎないか調整した。

無事、ガタの調整を終え、電源入れたけど、赤道儀が動かない。(汗) なんだ、このベルトは。(爆)

最初からやり直し!

と、言う訳で、ガタも無く、相変わらず耳を澄まさないと回転音が聞こえない。
締め忘れたネジ類もないハズ。(笑)

オヤジ について

自転車・天体観測・DIYなどが好きです。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
カテゴリー: AZEQ5GT パーマリンク

6 Responses to AZEQ5GTのガタ調整

  1. たっくん のコメント:

    赤道儀のガタの調整はやったことないですね。
    キツくもなく緩くもなく、難しそうです。
    私には無理だなぁ。

    • オヤジ のコメント:

      メカは、弱いんですよ。
      これは、星ブログのやまぎりさんが、詳しい記事をお書きになっていたので、やってみました。
      別の赤道儀は、重たいのに箱詰めして発送。小物なら良いですけど、大きな箱で腰が・・・・。
      この調整辺を覚えて置くと便利ですね。
      これは、プチ遠征で、軽い鏡筒やカメラレンズを載せるのに買いました。

  2. めりー のコメント:

    オヤジさん、おはよございます。
    同じ赤道儀を自宅据え置きで使っていますが、耳を澄まさなくても「カリカリカリ」と言いながら追尾します。速度8とかの高速で動かすと、ある向きで「ぎゃあああああ」と言って怖いです(笑)
    別件でメーカー修理してもらった時に、この現象も話しをして見てもらったんですが、異常なしと。帰ってきた当初は、以前よりすごい音をたてて回っていましたが、しばらく使っていたら元の「カリカリカリ」「ぎゃああああ」に戻りました。
    これでガタがあるのか無いのかも、よくわかりませーーーん。
    カリカリ言わないと、動いているのか不安になるようになりました←スカイメモSが静かすぎて、止まってるのに気がつかなかった。
    フタを開けるくらいなら私にもできそうですが、それ以上は無理かなあ。オヤジさんすごいです。

    • オヤジ のコメント:

      物(ブツ)によるバラ付きがあるんでしょうか。
      これ、1台目が到着したその晩、喜び勇んでBORG71FLを付けてテスト。
      星が、蛍の軌跡のようになりまして愕然。
      ショップさんに、詳細を話し写真を10枚位添付したら、その日の内に新品交換の知らせが。
      で、これは2台目なんですが、RA側のガタは基本的に、星追尾時は、同じ方向にしか動かないので、多少のガタは目を瞑っても良いし、撮った写真でも綺麗にコンポジットできるし。(笑)
      オヤジの性格ですかね。ウェイトシャフトを東西方向に1本指で押すと左右5mmも動くので、今回、調整してみました。
      記事にも書いてますが、「やまぎりさん」がblogで写真付きで詳細を書いてらしていたので、オヤジもメカ音痴ですが、やって見ることにしたんですよ。
      蓋を開ける時は、心臓がバクバクしてましたよ。
      爺で、高音が聞え辛いのは、人間ドックでも指摘されていますが、赤道儀から50cmも離れたら無音に近いですね。
      ウォームギアでRA軸を動かしてますが、ギアに隙間エアギャップが少しあるのですかね。
      ①RA軸は、ウェイトシャフトの一番下を1本指で押してガタが有れば動きますよね。
      ②DEC軸は、手の平を載せて、左右に回すとガタがあれば感じ取れますよね。
      ③もしかしたら、重過ぎる鏡筒が載ってるとか、
      ④DEC・RAともバランスを確り取ってないと、変な音が出る鴨ですね。
      でも、ベルト駆動ですが、最後はウォームギアでRA・DECとも動く訳ですので、無いとは言い切れないですね。

      オヤジは、庭のもう一か所にもピラー脚に載せた、AZEQ6GT(ケンコートキナ、Sky WatcherのOEMらしいです)がありますが、これも静かですよ。(ガタがないので、調整はしてません)
      ①~④辺りチェックですね。

  3. めりー のコメント:

    オヤジさん詳細にありがとうです。
    修理から帰って来た時に、ショップで「このくらいの締め具合で使って下さい」と言われましたのが、シャフトけっこう動くくらい緩いんですよ。DEC、RAともです。何度かアイピース交換の時にシャフトに触れて星がいなくなりました(爆)
    あんまり締めたらだめと。元々、力を逃がす構造なので緩めで大丈夫という回答でした。
    ②は感じません。
    ③SE200Nなので、重量はぎりぎりかと思っています。なんせkiss X9が重たい。ファインダーは使っていません。
    ④、、バランス頑張ったんだけどなあ。
    ガタ問題はきっちり解決しておいたほうがいいんでしょうけど、いろいろ難しそうですねえ。こうやって記事にup(しかも写真つき)していただけると、後に続く者としては大変嬉しいです。
    やっとM-GENも導入したんですが、多少のガタでもオートガイドで補正ということになりませんか?余計よくないでしょうか。

  4. オヤジ のコメント:

    >シャフトに触れて星がいなくなりました(爆)
    そこそこの倍率の鏡筒で、赤道儀が北を向いてる時にシャフトが、
    ①西に押すとカタ
    ②東に押すとカタ
    これは、RA側の何処かのアセンブリーが緩んでますよね。
    地球の自転は、途中で逆転したりしないので、赤道儀もRA側は地球と一緒の方向に周り続けます。
    ですので、少しのガタなら気分の問題です。

    DEC側は、絶えず、右回りに微動したり左回りで微動したりですから、こちらはアリミゾに手の平を載せて、ガタを感じるようでは、オートガイドできないでしょうね。(鏡筒の向きによっては、それでも、オートガイド出来ている時もあるはずですが。)
    数年、Advanced-VXを使ってましたが、あれは調整が面倒と言うかグリスだらけになって懲りました。(で、これに替えたのですけど)
    メーカーに返すと、何も治らないで帰って来ることもあるし、ショップさん自ら調整してくれる所もあるし、色々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。