古スマホでASICAP

星友のにゃあさんに教えて貰ったASICAPなるZWOのアプリ。
オヤジは、これを、古スマホの廃物利用で、鏡筒に取り付ける撮影用カメラ、例えば、ASi071MC Proのケーブルを接続して、アライメントで星を真ん中に入れることに使いたいと思って、早速テスト。
3スターアライメントが終われば、ケーブルをノートPCのAPTなどに切り替えて撮影に移行。

【ケーブルががが】

直ぐ、画像が見えるかと思ったら、「オヤジ脳味噌溶け出し問題が再燃」。

①形が似ているから、これかなの乗りで送信ボタン
スマホの充電口と、そもそも物理的に合ってない。(汗)

②気を取り直して見たら、オヤジのスマホケーブルの電源部分長方形じゃなく台形なので、その台形とUSBはメス、これを選んだけどスマホに刺さらない。(汗)

③気を取り直して、にゃあさんのBlogを拝見し直したら、OTGケーブルとか。
②とケーブルの両端のコネクターは同じなのだけど、ケーブルアサインが違うんだろうな。(笑)
で、アマゾンで、「OTGケーブル USBホスト変換アダプタ micro USB オス-USB A メス 12cm」を購入して、仮に冷却カメラに繋いで見たけど、まだ、動かない。(汗)

【動かないぞ~】

これは、SONYのXperia Z1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ASUSの6インチのスマホ、今のスマホの1つ前のスマホだけど、バッテリーが1日位しか持たないので買い替えた(SIM使ってます)

そうか、使用条件にAndroidのバージョンの記述があったっけ。(汗)
仮に繋いだ、ASI1600MM Coolを認識した。長い道のり~でした。(笑)

【おめでとうございます、見えました】

C5 XLTをAZ-GTiに載せて、ファインダー台座に取り付けたASUSの6インチタブレット。
近所の鉄塔の一部が見えてます。
スマホを挟む金具が6インチスマホに急遽なったので、ギリギリで馬鹿力が役にたった。

逆光で、見辛いですが、これで、アライメントの時、自作のPCスタンドを星毎に移動しなくて良いな。
後は、星空が出たらだけど、当分、無理らしい。

鏡筒の焦点距離が1000mm位までは、極軸合わせを確りやれば(赤道儀常設なので、滅多に極軸合わせしませんけど)殆ど画面の何処かに星が入っているので、上下左右矢印で、真ん中に導入すればOK。

このスマホとASICAPは、EdgeHD800とC11 XLTで使う予定。

【Androidスマホの要件メモ】

  • ZWO ASI USB3.0カメラ
  • Android 4.4 以上
    SONYのXperia Z1だけど、カメラ機種を認識しないな。!
  • USB OTGケーブルで、ZWOカメラとスマホを接続

【ASICAPについて】

外の景色(鉄塔)が今見えるので、序にASICAP(Win7/8/10用)も一通り見回りしてみた。

  • 基本、SharpCapから面倒臭い機能を削除したような感じ
  • 撮影プランは分かり易い。オリオン座のように120秒20枚+5秒10枚とか、撮影プランも簡単に作れる。
  • 流石ZWO社、ZWOずうしくも(笑)、自社製品のADCとか、ST4とか、EAFとか、フィルターホイールとか、使えるようになってる。(笑)
  • 少ないマウスクリックで、即、その画面になるようで、面白い
  • 10枚程景色を撮影してみたけど、RAWファイルの拡張子が”FIT”だったので、一応、ステライメージ8でコンポジットしてみたけど問題無かった。
    オマケに、各種パラメータのテキストファイルもセットで書き出されるので結構便利かも。
  • 先ほどテストした、逆光スマホじゃ見えなかったけど、星をアライメントする時のバッテンも付いているね。セロハン紙に書いたバッテンを張り付けよう思っていたら。
  • そう言えば、動画のテストはしてない。けど、静止画と同じようにプランを何個も作れるようになっている。

取り敢えず、その位なので、SkynewのM2SとM3Sにもインストールして置いた。

オヤジ について

自転車・天体観測・DIYなどが好きです。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
カテゴリー: ASICAP, DIY パーマリンク

2 Responses to 古スマホでASICAP

  1. にゃあ のコメント:

    オヤジさん、接続おめでとうございます!たしかにこれならPCを移動させなくてすみますね。windows版のASI CAP試してみます。「SharpCapから面倒臭い機能を削除したような感じ」というのが気に入りました(笑)

    • オヤジ のコメント:

      このASICAPは、オヤジには今年最大の嬉しい事になりそうです。
      PCスタンドは、結局、面倒で移動しないで、見難い形で星が入ったか確認しているので、この鏡筒に載ってるスマホ、これが、最高ですね。(笑)
      ASICAPですが、SharpCapを100%再現してスマホアプリにしてくださいって、言われたら、もう、マウスが有ってもあの画面じゃ無理ですもんね。体体脂肪10%の世界でしょうか。(笑)
      にゃあさん言われるように、バッテリーが持たない(それでスマホ買い替えた)ので、3★アライメントが勝負位の時間・・・否、1時間は平気で持ちそうです。
      機能に、フィルターホイール、っつーのがあるのが頭から離れませんが、この世で使う事はないでせう。(旧かな使い)
      にゃあさんには、感謝してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。