悪天なので、C5 XLTにOAG.

悪乗りで、赤道儀にC5 XLTが載っているので、前からテストしたいと思っていた、そう、セレストロンのOAGが載せ替えて使えるか序にテスト。

ピントは、確り合ったので、OAG本体~ガイドカメラのセンサーと、OAGから撮影カメラのセンサーは同じ光路長なので、これで使えることになるのか。

本体がチッコイので、ガイド鏡を載せるのも辛い。
OAGが使えるなら、付け替えで使える鴨とは思ってた。良かった。

【一点問題が】

ピントノブが、OAGのSCTアダプターに軽く接触している。
普通に回して、軽く当たるのが解るので、このゴムのノブを外して、

  • 別の物を取り付けるか、
  • 面倒なので、カッターナイフでゴムの当たる部分をそぎ落とすか、
  • SCTアダプターと接眼部の間に5mm程度の延長筒を付ければ、接触しないな

このどれかで、多分、だいじょうVだべ。

良く見たら、ゴムのピントノブが3mm位抜けていた。
正規の場所まで押し込んだら、干渉しなくなった。
そりゃ、そうだべ。鏡筒もOAGもセレストロン製なんだから。(笑)

 

オヤジ について

自転車・天体観測・DIYなどが好きです。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
カテゴリー: C5 XLT, オフアキシスガイダー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。