EdgeHD800でOAG.

【OAG成功】

OAG.が組みあがって2週間?
毎日雨で、胃がストレスで痛くなる有様で通院した。(爆)
趣味のストレスで胃炎になるなんて、そうそう無い趣味だな~ぁ。(笑)

2017年の冬(M-GEN)、2018年の冬(M-GEN)、そして今日(PHD2)。
3シーズン目で、やっと、OAG.が使えるようになった。
成功だ!!!。永かったなーぁ。
嬉し過ぎて、どう例えれば良いのか、長女が生まれ父になった時の感動と同じ位嬉しい。(笑)

↓の画像、PHD2は、焦点距離が300mmとか、まだ、設定をする前の画像。
この後、ガイドアシスタンスを使って、パラメーターを修正3度。

【本日の機材】

自作のコンクリートピラー脚
EdgeHD800
セレストロン:オフアキシスガイダー
ASi071MC Pro(撮影カメラ)+スターリーナイトフィルター(49mm)
QHY5Ⅲ174M(ガイドカメラ)
リモートデスクトップ Skynew M3S(8GB/SSD256GB)
自作乾燥空気BOX(23時頃から湿度95%以上になり、娘から貰ったお古のドライヤー出動)

【M13】

  • Exp 240sec.
  • Gain 240
  • 20/20枚

眠いので、ベイヤーRGBして、即、コンポジットしただけ。
星、丸く見えるのでOAG成功だと思っている。

【M27】

  • Exp 240sec.
  • Gain 240
  • 11/11枚

PHD2のガイドが、結構な頻度で外れるため鏡筒のバランス調整を途中ですることにしたので、11枚で切り上げた。
やはり、星が丸いので、OAG.は、成功かも。

【2時半、薄明!!!】

東の水平線が変だなと思ったら、もう薄明か。(汗)
と、言う訳で、@っと言う間のニワトリだった。

【メモ】

  • ガイドカメラのQHY5Ⅲ174M、OAGのプリズムは一番奥まで差し込んでいるのだけど、最初アライメントが終わって、色々な星に向けた時のPHD2画面に星が何個位見えるのかやって見たが、最低でも3~4個は見えていた。
    星の少ないエリアが有るそうだけど、まだ、導入の数が経験大不足なので、精進・精進・また精進だ。
  • PHD2、新幹線が通過する時に星を見失った時の警告音が平均5個(ピン♪・ピン♪)でる。
    鏡筒の焦点距離が2032mm、それをQHY5Ⅲ174Mでガイドなので、合計焦点距離は9000mm位になるのか・・・・この辺、少し調べてみよう。
  • 新幹線の営業運転が終わり、且つ、雲も無い状態で、警告音が一つ、ポツンと鳴る。
    ガイドが、外れるから鳴るんだよなぁ。これも調べよう。
  • SkynewM3Sだけど、USB3.0が2口あるのだけど、これ、USBハブで分岐しているようで、時々、リモートデスクトップでも重くなることがあった。
    その隣にType-Cがあるので、これは独立していると思うので、これにガイドカメラを繋げば良いか、変換ケーブルが無かったので後日テスト。
    それにしても、PHD2は、CPU資源を喰い潰すので、M-GENを買ったのだけど。(汗)
  • ASi071MC Pro、保護ガラスじゃなくて、その中のセンサーが汚れドーナツ状の輪っかが10個以上見える。ショップのSさんに、お掃除をお願いしようかな、オヤジには絶対無理。(汗)
  • OAG.成功しつつも、慌ててバランスを取らなかった事を思い出した。
    バランスを合わせる作業は簡単だけど、そうなると、深夜にアライメントやり直し!(汗)待てよ、SynScanAPPの設定で、補助エンコーダーっーのが有ったけど、今日は、何故かONにしてある。

    • と、言う訳で、思い切って、RA/DECのバランス調整をした。おおガイド鏡が無い分、随分軽くなったのか、これなら、5kg一個でもOKかも。
    • で、バランス調整作業でRA/DECを動かした後、再度、RA/DECを固定し、何事も無かったように、再度、M27(直前までM27を撮影していた)を導入したら、完全に真ん中じゃないけど少しズレた10時の方向に居た。
    • これからは、必ず、補助エンコーダーはONにしよう。(笑)

オヤジ について

自転車・天体観測・DIYなどが好きです。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
カテゴリー: 新(東)ニワトリ, PHD2, QHY5Ⅲ174M, コンクリートピラー, EdgeHD800, AZEQ6GT, ASi071MC Pro., 乾燥空気BOX パーマリンク

8 Responses to EdgeHD800でOAG.

  1. タック のコメント:

    オヤジさん、

    M13はどの星像もまるくてOff-Axis Guider は成功ですね \(^_^ )/
    おめでとうございます。 QHY5Ⅲ174M はガイドカメラとしても、撮影用カメラとしても評判が良いのですね。

    • オヤジ のコメント:

      パソコン中でしたので、コメント直ぐ分かりました。(メールで音が鳴ります)
      ありがとうございます。
      お月様が眩しくて、星を横から照らしている様で、明るい庭でした。(笑)
      M-GENを2台も買ったので、何が何でもM-GENでOAG.だと、真冬の凍えそうな夜、2シーズンもやったのですが、PHD2とQHY5Ⅲ174Mで成功することができました。
      それにしても、PHD2のガイド、合計焦点距離が長くなるので、時々、ピン~♪と1度はガイドが外れますが、次は復帰。
      中々難しいですね。(汗)

  2. TANKO のコメント:

    071MCで撮像した画像に見受けられるドーナツ状の黒い影はセンサー上ではなく、保護ガラス上にできた汚れだそうです。
    冷却時に誤って結露が生じた際に核となるゴミの周辺に汚れが円状に残るみたい。
    うちの071MCにもドーナツ上の影がいくつも発生して、保護ガラス上に残っているようであったので、今朝カメラのネジを外して、保護ガラスのクリーニングをやったところです。
    販売店のWEBページ上に載っている説明書では無水アルコールと綿棒で清掃している様子が書かれてありましたが、私は手持ちのキムワイプと蒸留水でクリーニングです。

    • オヤジ のコメント:

      Nice timing!
      ショップさんに連絡してみようと、思っている所でした。
      数回、キムワイプと無水アルコールで、注意深く、保護ガラスを拭いたのですが、じゃ、消えないで残っているんですかね。
      不思議なのは、10個以上あるドーナツ模様、殆ど見えない時(湿度が低い)もあるのですが、昨夜の地面は、湿度で濡れたような状態でした。
      冷却して、周りを温める・・・・アイスクリームの天ぷら状態ですね。
      明るい所で見ても、何故か良く見えないです。(笑)
      やって見ます。ありがとうございます。

      • TANKO のコメント:

        ドーナツは保護ガラスの裏側にできるのではないですかね。
        カメラを最初に冷却する際には時間をかけて冷却するようにして保護ガラスに結露が生じないように注意する必要がありますね。
        結露の跡が残るので、後始末が面倒です。

        • オヤジ のコメント:

          一度、補正板も、カメラの保護ガラスもビショビショになった時が有って、その時の模様が残っているようなんですよ。
          そうか!保護ガラスの鏡筒側じゃなくて、センサー側。
          納得ですね。
          その時は、吸湿材を取り替えたのですが、湿度が上がってくると、出現するんですかね。
          納得です。これですね。

          • TANKO のコメント:

            この前の新月期、前の晩の撮影で黒ドーナツが数個発生したので、吸湿剤を再乾燥して撮影に臨みましたが、次の夜も同じ位置にドーナツが出ました。
            乾燥させてもドーナツは消えず、一旦ドーナツを発生させたら、クリーニングして取り除かないといけないようです。
            次の撮影予定は梅雨明け。
            今回のクリーニングが効いたかどうかはそれまでわからないのが辛いところ。 汗)

  3. オヤジ のコメント:

    症状が、全く同じですね。
    もしかして、TANKOさんは、ご自分で清掃されたんですか。
    凄いですね。
    オヤジは、自信ないのでショップさんに頼み込むつもりです。
    カメラのミラーは、ペッタン棒で綺麗にしたつもりでしたが、だめで、サービスセンターのお世話になりました。(笑)
    あ、今度から、オヤジも、黒ドーナツって呼びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。