悪乗りでコ・ボーグ36EDのOAG.化

そう言えば、71FLとZWOのOAG.が納戸から出て来れた。

雨なので71FLのOAG.化


もう一台、コ・ボーグ36EDも納戸に置いてあるので出してみた。
午前中片付けたBORG我楽多箱、またまた、畳みの上にぶん撒いた。(汗)

結果的には、パズルの組立は成功なんだけど、スリムフラットナー1.1×DG(7110)のスペーサーA/Bの組み合わせを変更しないと、周辺の星が伸びるかも。
今までは、A+Bで星が真ん丸だったのだけど、スリムフラットナー後面からカメラセンサーまでが、10mm近く伸びているので、調整が必要になるだろうな。
星が見えている時、

  • ①A、
  • ②A+B、
  • ③B、
  • ④何も付けない、

これだけテストしないと。(笑)

一枚目の写真は71FLでした(汗)、36EDに貼り換えました。

 

【OAG本体の取付方を共通にした】

  • OAG.のカメラ側:
    OAG.+三枚羽(オヤジ命名)+16.5mm+Tマウント-11mm+ASI183MC pro.
  • 鏡筒側:
    OAG.本体の鏡筒側をねじ込むだけ。(リングなどは一切使ってない)
  • 鏡筒にねじ込む部分は、どうにも成らないので、71FL/36EDを使う時は、OAG.本体をねじ込むだけになった。

これなら、納戸に入れて置く必要も無く、星雲などの撮影に使いたい。
なにより、BORG鏡筒は、小さくてもガイド鏡を載せる台を作るには、お高いバンドを買う事になるので(持ってるけど重いから使ってない)。

 

と、言う訳で、スリムフラットナーのスペーサー組み合わせを星を見ながら調整する部分の宿題を残して完成鴨。

4個あるQHY5-2(M)、壊れているらしいのは1個だけの模様。
そんな訳で、ガイドカメラを買うのではなく、ZWOのOAG.を1個買えば、専用OAG.になり、使う時も楽鴨。

オヤジ について

自転車・天体観測・DIYなどが好きです。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
カテゴリー: オフアキシスガイダー, QHY5-2(M), BORG 36ED, ASI183MC Pro. パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。