暇人なリタイヤオヤジなのでINDI.libのお勉強(5)

【今まで、出来た事】

  1. Kstarsから、AZ-GTiを、SynScanAPPと全く同じに使えることが解った事
  2. PHD2の使い方もWindows版と全く同じ、由一、INDIドライバーを使う所が違うだけで、使えた
  3. CCDカメラで撮影できた

【そうなると、気に成るのが赤道儀】

AZ-GTiは、初期設定のまま、内蔵のSynScan WiFiで繋がった。
兎に角、軽くてサクサク動くので、他の赤道儀でもINDIを使えないかと、夢は夜開く状態。
夜中に、目が覚めたら、神のお告げは2つ有って、AZEQ5GT・AZEQ6GTも使えるようにせよ。
もう一つは、今、ピラー脚に取り付けてあるSKYNEWのM3S(AZEQ6GT)、M2S(AZEQ5GT)に、INDIの具合が良ければ、入れ替えてしまえ。
オマケに、リモートデスクトップと言うか、INDIサーバー&クライアントで使えるように”しろ“(相州弁で”せよの意”)

【AZEQ5GTを使えるようにする】

  1. お勉強(4)のASUSノートPCは、何も変更を加えずAZEQ5GTのWiFiを起動してWiFi接続する。⇒そもそも大元の設定で接続できない
  2. ネットで、INDIとAZEQ5GTの検索キーを掛けたら、これで、動かしてくださいと言わんばかり。ありがたいことです。で、コマンドラインから早速適用。
  3. 繋がった!
    試しにM31をGOTOしたら、AZEQ5GTは、真上を向いた。
    ステラナビゲータ―11で、現在時間(0610JST)のM31をチェックしたら殆ど真上。

と、言う訳で、AZEQ5GTが動いたことは嬉しいのだが、赤道儀として/経緯台として、そういう世界は、オヤジには良く解らない。
確か、今、AZEQ5GTは、M31(真上)を向いているけど、マニュアル通り経緯台モードにハード的に設定を変えると、M31は南の空に移動するので、やっぱり、赤道儀として動いているんだろうな。
それとも、↑の画面の何処かにAZ/EQを替えるボタンでもあるのか。(汗)

一番左のアイコン(Ekos-astro-obs Profile-Kstars)の下に、EQMod Mountって書いてあるな。

M77を導入したら、北東の天空近くになったので、これは変だと、オヤジの場所をチェックしたら、もめごとの多いお隣の国だった。
Kstarsの「設定」「地上の場所」を確認。
正しい場所をいれて、Kstarsを再起動、まだ、場所が変だ。

と言う訳で、

・・・お勉強(5)は保留中とすんべ

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: INDI パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。