JoystickでINDIのお勉強(13)

Joystickって、生まれて初めて触った。(笑)
餓鬼の頃は、アマチュア無線の機器を作るのが楽しみだったので、他に趣味は余り無かったなーぁ、あったとすれば「エ〇本」位かも。(汗)

アマゾンで、このGame Padを購入。
何故かと言えば、外部Deviceを見ていたらJoystickがある。
これを使えると、ブランドタッチで鏡筒を動かすことができるので、アライメントの作業時間が減る鴨と思って。

これは、AZEQ5GTをWiFiでWindows10クライアントから接続する時のProfile。

windows10のPCのUSBに挿せば、カーソルが動くし、ubuntu上のKStarsでも適当に十字のボタンや他のボタンを押したりすると、それなりに値が変わるので、赤道儀を回せそうなんだけど。
Joystick Deviceを起動して、赤〇が緑〇なることも確認してる。
もしかしたら、各ボタンを定義しないと使えないのかも。(汗)

これだけが宿題になっちまった。(笑)

ubuntuでGame Padを設定している方のBlogを拝見して、色々設定。
十字キー等を設定。

左が、十字ボタンのUPを押した時、右は、DOWNを押した時
一応、認識しているんだけど。(汗)

赤道儀が回るまでは、まだ、遠い道のりのようだ。
それ以外のINDI環境は、赤道儀側2台、手元のPCはWindows10で設定完了。

何か、「チチンプイプイ」とか、お呪いが必要なのかも。(笑)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: INDI パーマリンク

11 Responses to JoystickでINDIのお勉強(13)

  1. TANKO のコメント:

    うちのSkywatcher EQ8のコントロールに同じゲームパッドを使っとります。便利です。
    最初、息子のお古の大型のゲームパッドを試してみましたが操作しにくく、このゲームパッドに落ち着きました。
    Windows環境下でASCOM(EQMOD)接続してますが、その中にゲームパッドの設定メニューがありました。

    • オヤジ のコメント:

      何時か、ゲームパッドを使ってられることは、blog拝見(徘徊)していて発見しました。
      とある方もINDI(ASCOMじゃなくて)でサーバ・クライアントを構築されていて、オヤジとインストール環境・設定の全てがまったく同じ。
      で、説明文で、導入した後、その星が視野の真ん中に来るように、EQMODの上下左右キー、または、ゲームパッド(オヤジのと同じ機種)で微調整をする。
      と、あるのですが、オヤジのは、ウンともスンとも言いません。(笑)

  2. たっくん のコメント:

    面白いアイデアですね。
    近所の子供に貸したら、オヤジさんより早くアライメントしてくれるんじゃないですか?

    • オヤジ のコメント:

      あれ、タックさんもゲームパット使ってられましたよね。
      前々から、ゲームパッドで導入の微調整を早くやりたいと思っていたのですが、何かが違うんでしょうね。
      長焦点鏡筒には、威力ありますよね。ブラインドタッチで鏡筒を微動できますから。
      ゆっくり、考えてみます。

    • オヤジ のコメント:

      良くコメントをいただく「タックさん」と、勘違いしました。(汗)&(笑)
      ゲームパッドは、EQMODお使いの方、多そうですが。

  3. タック のコメント:

    オヤジさん、

    ちょっと目を離した間にすごいスピードで進んでいるのですね \(◎o◎)/
    うちにも同じちょうどGAMEPADが転がっているので試してみました。
    確かに Joystick ->Monitor 画面で確認するとGAMEPADはちゃんと認識されているようですが、Telescopeは動きません。

    下記のマニュアルを読むと、STEP7の INDI Control Panel -> EQMod Mount -> Options の画面で Joystick を enable にする必要があるようです。enable するとクロスキーで Telescopeを N,S,E,W に振ることができるようになります。ちなみにボタン5/ボタン6 でスピードを変更できるようです。Mount Control の画面を表示したまま、GAMEPADを触ると動きがよくわかります。

    https://indilib.org/support/tutorials/135-controlling-your-telescope-with-a-joystick.html

    これは面白いですね。

    • オヤジ のコメント:

      暫く雨なので、庭の赤道儀を引き上げてきました。(笑)
      お昼にコメントをいただいていたのは、メール通知で解っていたのですが。(汗)
      赤道儀のRA/DECをピタリと方角高度を固定して、接続。
      あれま!マウントにコネクトしたら、赤道儀の位置が東の方。(笑)
      PARKの設定が解らなくて、色々、悪戯している内に、3台とも、北極星の位置がPARKになりました。
      メモを書き残したいのですが、階層が深くて断念しました。
      悪戯する所は、4か所位ですが、プチ遠征中にこんな事になったら数時間と言うか、朝まで導入できないかもです。(汗)

      joystick
      >Options の画面で Joystick を enable
      これ、昨日もやったのですが、ダメだったので諦めてました。

      が、今日やはりenableにし てテストしても駄目でした。
      横に、画面を開いて、もう一度やりました。
      マウントがコネクト状態に変わると、瞬間Disableに変わるので、もう一度Enableに戻したら、やっと十字ボタンが使えました。
      他、横上のR/Lボタンで、スピードのプリセットが、
      ABXYで、PARK/UNPARKが切り替わりました。
      ありがとうございます。
      何故、瞬間にDisableに変わるのか、また、色々悪戯します。
      これ、ニワトリでも長焦点の場合、凄く有効ですね。
      助かりました。 m(_.._)m

      • タック のコメント:

        オヤジさん、 

        私も最初 Gamepad をUSB HUB に接続したらうまくいかなくて、今は直接 Raspberry Pi のUSBポートに接続しています。USBの通信が微妙なんでしょうかね (苦笑) うまくいく手順が確立されれば、精神衛生上良いですね。 

        まだ実践で試していないので PARK のポジジョンは確認していないのですが、最初はきっとあっち向いてホイ状態でとんでもない方向になっている気がします。

        • オヤジ のコメント:

          以下、「INDI Lib.の宿題クリアできました。」にも書きましたが、タックさんの仰るとおりでした。
          サーバーのノートPCを、電源断/ONを数度繰り返しましたが、Disableにはなりませんでした。
          ゲームパッドから出る情報は、テキストデータがパラパラ程度だと思うのですが、USBの口を1個使われるのは痛いですね。(笑)
          ありがとうございました。

          • タック のコメント:

            オヤジさん、宿題終わってよかったですね。でもこれからまた新しい課題が出てくるような予感が・・・・(笑)

  4. オヤジ のコメント:

    タックさん
    虚弱体質で胃酸過多なんです。驚かさないでください。(爆)
    外は雨なので、部屋に赤道儀3台置いて、ローカルで繋いだり、リモートしたり。
    そうそう、シリアルーUSB変換ケーブル実際は、
    LAN-Serial/USB変換―USB のケーブル作ってあるのですが、SkyWatcher製のAZEQ5GT動きました。WiFi無しでもOKです。
    それと、OEMのケンコートキナ製のAZEQ6GTも、このケーブルで動きました。
    赤道儀に吊り下げるミニPCなので、ケーブルで繋ごうと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。