INDIでEQMOD用ケーブルを作る

前々から思っていたのだけど、AZ-GTiの内臓ルータも、2個買ったSky Watcher Wi-fiアダプターも、やけにもたもたして、中々、繋がらないことがたまに有ってイライラ・イライラ。
そんな訳で、ケーブル接続でも使えるようにと、雨/曇でやることも無いので、ケーブル作りをした。
Serial-USB変換ケーブルは、数年前、EQMODでEQ5GOTOを動かす時に、3本余分に買ってあったので、2本(AZEQ5GT、AZEQ6GT用)作ってみた。

まあ、ケーブルを作ったとか言ってるけど、黒(4)、黄(5)、オレンジ(6)を、LANソケットに繋ぐだけで、半田ごても不要だ。(笑)

昨年、短いLANケーブルを作ったことが有ったので、今回は失敗もなく@っと言う間に2本作れた。

INDIのKStarsで、3本共(本当は数年前に作った1本も含め)赤道儀を動かし動作確認できた。
Serialケーブルを繋げる時は、EQMod_Mountのデバイスは、シリアルを選べは自動で作ってくれるので簡単だ。

【メリットも】
手元PCをリモートで接続する場合、一番簡単なのはホテルWi-Fiスタイル。
単三充電池3本入ってるのか?で、8時間は持つ。
電源を繋いでいるだけだ。取説に書いてあるSSIDとPWDをそのまま使っている。
このルーターに、手元PCも赤道儀側PCも繋いで置けば、有線ケーブル無しでも利用できる。(有線LANケーブルでの接続を含め、当然、動作確認済)

更に、Sky Watcher Wi-fiを赤道儀に接続する場合、赤道儀側PCの内臓Wi-Fiは、赤道儀との接続用に使われてしまい、チッコイWi-FiをUSBに挿して置かないとリモートからの接続が使えない。

そんな訳で、赤道儀との接続は、Serial-USB変換ケーブルで使うことにした。

オヤジ について

昔、柔道4段、剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 Kanagawa pref. Japan
カテゴリー: DIY, INDI パーマリンク

8 Responses to INDIでEQMOD用ケーブルを作る

  1. TANKO のコメント:

    Serial-USB変換ケーブル作成には専用の圧着工具を使っているんですか?
    それとも写真にあるラジオペンチで?

    • オヤジ のコメント:

      ラジオペンチは、写真を撮る時、ケーブルにおとなしくしてほしいので重石です。(笑)
      モジュラー圧着工具を使ってます。
      LANケーブル、RJ45(8極8芯)、RJ12/RJ14(6極4芯)、RJ11(4極4芯)、RJ25(6極6芯)に使える、普通に安い工具使ってます。
      この頃、細かい線が見えないので、ハズキルーペ使ってます。(爆)

  2. やまぎり のコメント:

    こんにちは!

    AZEQ5GTですが、PCとの接続はUSBでできると思います、と言うか私はUSB接続です^^

    wifi接続の場合は2個使いにするんですね。2個同時に使えるとは知りませんでした^^;

    • オヤジ のコメント:

      プリンターに刺さるあのケーブルが無かったので、隣のAZEQ6GTがSerial/USB変換で繋がったので、2本ケーブルを作りました。
      AZEQ6GTには、残念ながらUSBの口が出て無いので、共通にしていた方が、遠征の持物などでトラブらないかなと。(笑)
      ホテルWiFi方式は、便利ですよね、ルーターにただ電源を繋いで置くだけで、リモート側PCも赤道儀側PCも同じSSIDに繋ぐだけで、通信できますからね。
      今は、細い10mのLANケーブルでリモートしてます。(笑)

  3. TANKO のコメント:

    LANコネクタ接続には圧着工具が必要ですよね、やっぱり。
    以前にケーブルを作成したときには、圧着工具を持ち合わせてなかったので、LANケーブルをぶった切って、線同士をハンダ付けのブサイクなケーブルと相成りました。 ^^;

    今日はDIY。新婚当時に使っていた食卓テーブルを再塗装してます。
    ニスの容器の文字が老眼鏡でも読めず、ルーペが必要となりました。
    ルーペと言っても、ポンコツ双眼鏡をバラした対物レンズですが。

  4. オヤジ のコメント:

    昔は、LANの透明プラスティックなコネクタに、直にLANの8本ケーブルを入れてましたが、あれは、目の良いお若い方用ですかね。(笑)
    今は、上のコネクターに差し込める小さな・・・何と言うのか、それにケーブルを通して(今回は、黒・黄・オレンジの3本だけ)先端を出っ張らないようにニッパでパチン。
    そのガイドのような物をそっと、コネクタに入れて、圧着工具で、ギュッで完成です。
    オヤジも急に細かい文字が読めなくなりました。
    ハズキルーペも一番どの強いのを間違って買ったので、吐き気がして本当、困ります。
    なので、コメントでも、文字選択間違いが多くて、皆さんに失礼しております。
    テーブル綺麗に復活してください。DIYがんば!

  5. タック のコメント:

    オヤジさんのおっしゃるように、オートガイドケーブル(USB & 6芯)、撮影用CCDケーブル、フィルターホールケーブル (USB)、Gamepad ケーブル(USB)等を考えると、結局のところ赤道儀とINDI用PCは近くに置くことになるので、赤道儀とINDI用PCの接続はWiFi ではなくEQDirect ケーブルの方が利便性が高いですね。WiFi はRemote PCや外部Networkとの接続に使用するほうが使い勝手が良いと思います。

    • オヤジ のコメント:

      そうですよね。
      ノートPCには、WiFiが1つ付いてますので、これは、リモートPCとの接続に使う方が便利そうです。
      ・やっと、INDIは赤道儀を回すことは大体理解できました。
      ・今、撮影用のCCD欄を勉強中です。
      ・PHD2は、それなりにWinで使ったので大丈夫そうです。
      撮影用CMOSカメラですが、CCD欄で、露出は見つかったのですが、Gainに相当する所が見つからず、鉄塔はハレーションで真っ白です。
      手で塞ぐと、鉄塔が見えたりしてますが。(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。