ニコンピラー脚の足元強化

【2019-0813 06:15追記】

昨日撮った写真を貼り付けて無かったので、記録として貼り付け。

コーキング材は、柔軟性を保つ良さがある。
指で押しても硬いけど、ドライバーを押しあてると若干の弾力が残っている。
だから、灼熱地獄の夏でも極冠(笑)の真冬でも、充填剤としての機能を保つということだな。

M6の長いボルトは、先日買ったマキタのグラインダーで綺麗に切り落とした。
結果、M10の足に固定するボルトも、アーレンキで普通に取付られた。

ビクともしません。
が、しかし(汗)、もしかしたら、1m程場所を移動するかも。(爆)
これに軽い鏡筒(BORG36ED,71FL、カメラレンズ)を載せて使いたいのだけど、ウェイトが無い。
AZEQ6GTは、ウェイトシャフトが25mm。
今有るのは5kgが3個だけ。
特注とかビクセンAXJのウェイトが使えるけど12000円は、バカらしい。
もう、終活中なので、AZEQ5GTも、ここにピラーで設置すれば、軽い鏡筒もOKなんだけど。(ピラー2脚体制)
最近、納戸に入っている使って無い物を放出中で、物をこれ以上増やしたくないのだ。(笑)

【2019-0812 06:00追記】

飛んでも八分、歩いて10分!!!

今朝、昨日作業したコーキング材の塊具合を見に行った時、赤道儀の下側を押したら、ピラーの垂直に立っている部分が揺れる。(汗)

原因は、あれだ。
今までは、ナットがパイプの中側だったので、正直、確り締まって無かったのだと思う。
で、ボルトの向きを逆にして、内側はアーレンキで抑え、表のナットはスパナで締め付ける。
そうしたら、ボルトが出過ぎて、だるま穴に入る大きなボルトが邪魔されて入らない。
まあ、これが面倒なので、今まで内側がナットが刺さるようにしていたのだけど・・・。(汗)
適正な長さのM6ネジを使えば良いのだけど、この長さは探したけど無い。
まだ、06時00分なので、騒音を発するグラインダーを庭で使う訳には行かないので、08時30分まで休憩。(笑)
涼しくなったら、一度、バラバラにして、塗装を落として、さび止め塗って上塗りして。保守しないとな。
ピラーのお蔭で、ニワトリが出来ているのだから。(汗)

【2019-0811】

昨夜のニワトリで、どうも、履物が当たったらピラー脚が動いたようで、その時以降の星の導入が全然ダメだった。

大慌てで均した生コン(笑)、後で見れば凸凹多数。
そんな訳で、コンクリートの出っ張りを削り、

コンクリートや金属の隙間を埋めるコーキング材を充填。
一応、水平出しをして、固まるのを待っている。
これなら、面でコンクリートと接触しているから、文句ねえべ。(笑)

 

 

オヤジ について

昔、柔道4段、剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 Kanagawa pref. Japan
カテゴリー: DIY, ニコン製ピラー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。