FS60CB+RDの2連装テスト

これから、秋冬になると、これを使ったL+RGB同時撮影が出来るようになる。
これは、魔界から降臨された「あぷらなーと先生」に手取り足取り、技有1本は、違いますが、色々、教えていただいた結果のハードです。
2019年春先には、2本の鏡筒の写野を合わせたり、2つ冷却CMOSカメラを繋げたら、USBが認識しないとかで、休止していた。

USBの認識は、思い当たる接続方法があるので、今夜テストしてみる。
合わせて、ASI290MM MiniでPHD2のオートガイドもやってみる。
LとRGBの合成、写野が縦横有って無いと、周りの重ならない部分が無駄になるので、分かり易い星が出ている夜空に向けてx/y調整をしたい。

【GPV】

【FS60CB+RDの2連装】

暫くブリに明るい所にだしたら、フードが無い。
ボロいので、捨てたんだった。
大急ぎで、今夜限りのフードを作った。ダークを撮るので蓋も「蓋TWO」作った。(汗)

笑わないでください。一夜限りで、ゴミ箱行きなので、性能重視です。
あ、アイスクリームの食べカスじゃありません。(爆)

【開店準備完了したのだけど】

この後、雨がパラパラ!
結局、お月様を2画面表示できただけでした。(汗)

【機材】

  • ニコンピラーに載せたAZEQ6GT
  • 鏡筒 FS60CB+RD 今夜は、フィルター無し (f:255mm F4.2)
  • カメラ ASI183MM Pro ASI183MC Pro.  -5.0℃程度冷却の予定
  • 合計の焦点距離 676mm
  • PHD2ガイド 100mmガイド鏡+ASI290MM Mini
  • PC M3S+20インチディスプレー
  • 乾燥空気

【閉店】

開店準備が終わったら、雨がポツポツ。
2時間待ったけど、諦めた。

 

 

オヤジ について

自転車・天体観測・DIYなどが好きです。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
カテゴリー: PHD2, ASI290MM Mini, 東の観測場所, ニワトリ, FS60CB_2連装, AZEQ6GT, ニコン製ピラー, ASI183MM Pro., ASI183MC Pro. パーマリンク

2 Responses to FS60CB+RDの2連装テスト

  1. あぷらなーと のコメント:

    出た!魔界の波動を受けて誕生したFS60の連装砲。
    色んな工夫をされて左右シンメトリーになっているところがカッコいいですねぇ。
    L+RGBの同時撮影作戦で、ぜひ色んな星雲や彗星の写真を見せてほしいです♪

    • オヤジ のコメント:

      コメントありがとうございます。
      編集中だったので、写真を追加しましたが、昨夜は、お月様を2画面表示した所で、パラパラ降って来て、2時間待ったのですが、湿度が凄く閉店しました。
      確かに、モノクロ画像があると、引き締まったL+RGBになるので、画像処理に下手オヤジでも、喜びがあります。
      早く、安定した秋の夜空が戻って来てほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。