INDIで”エア”アライメントやってみた

【2019-1008 追記】

  • アライメント、今まで、訳解らず、途中にPARKを入れて、本来のホームポジションに戻したい時に多用。(汗)
    アライメントデーターに誤りが出て、鏡筒が下を向いたり、お月様を大幅に通り越したり。(笑)
  • 昨日・今日と、TーStudioさんのご指示どおりの操作をしたら、何事も無かったかのように、普通の赤道儀の挙動に戻った。ポイントは、PARKは絶対使わない>俺
  • ここまで、作業内容が整理できたので、
    • USB-Serial変換ケーブルと同様に、WiFiでも同じ動作をするかやってみた。
      全く問題無く使えることを”エア”で確認した。
    • Joysticは使えるか。
      INDIコントロールパネル-Kstars→EQMOD Mount→Optionsの、下の方にあるJoysticをEnableボタンを押して、上の方にあるSaveボタンを押して置けば、何度起動し直してもJoysticは使える。
      Joysticの前面にあるLボタンRボタンでは、赤道儀を微動してアライメントする時のスピードをコントロールできる。
      お姉様が、英語でスピードは今幾つになったかを喋ってくれるので、暗闇でも問題ない。(笑)
      これで、イチイチ鏡筒でアライメント★を見て、画面の矢印キーを押さなくて、PC画面の前に座って、微動の操作が出来る。
      欲が出て、もう少し握りやすい・使い易いJoysticが欲しくなった。
  • 多分、東の観測場所に置いてあるAZEQ6GTも同じ動作だと思うので、PC部屋でする”エア”は、これにて一件落着。

【2019-1007】

TーStudioさんには、詳細まで教えて頂き感謝です。
このテストって、最低でも星1個欲しいのですが、夕方、雨が降って私道が濡れてるような状態。(汗)

そんな訳で、手順の確認がメインだけど、操作をするため、PC部屋(居間)に三脚赤道儀を移動した。

  • 赤道儀のホームポジション(主鏡で北極星が真ん中に見える場所)に移動
    ピラーを常設してるので、鏡筒を載せると、ほぼ、北極星が見えている。
  • 赤道儀の電源を入れる
  • Kstarsの原始的な星図(笑)の北極星の場所に、EQMOD Mountが居るので、
  • 北極星にマウスを乗せ、右クリックからEQMOD Mountを選び、メニュの中からSyncを選択実行
  • 次のアライメントのターゲットを、同様にKstarsの原始的な星図(笑)から、別の地点の★等を選択、別の★にマウスを乗せ、右クリックからEQMOD Mountを選び、メニュの中からSyncを選択実行

この繰り返しで、精度が段々上がって来るようだ。
星が無いので、台風が通過する後の来週に成らないと、何も出来ない模様。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: INDI パーマリンク

4 Responses to INDIで”エア”アライメントやってみた

  1. T-Studio のコメント:

    動作チェックで問題でなくなったようですね。
    素晴らしいです。
    私は台風前の貴重な快晴だったので、ちょっと実験的にEAAで遊びました。
    (帰宅が遅かったので赤道儀まで持ち出せませんでした。)

    スカイエクスプローラーSE-AT100N架台もハンドコントローラーなしで自作のダイレクトケーブルで制御していますが、ハンドコントローラーがないと、PCの設定情報だけが、頼みの綱になりますので私も慎重に操作しています。(システムの時計の確認、マウントドライバがGPS情報を読み込んでいるか、最低2つの星の導入はEkosのマウントコントローラーを使用など)
    EQmodや私の使用しているSkyWatcher-AltAZドライバなどはSyncを撮った場所がアライメントポイントに設定されるようです。

    JoyStickをお使いであれば、挙動の確認がしやすくて良いですね。
    私は広場から自宅(直線距離は5〜60m)まではなんとか無線で操作できるよう画策中です。(昨日操作したときはぎりぎりでした。)

    • オヤジ のコメント:

      今まで、鏡筒のバランスを取り直したりする時、ホームポジションにして作業が癖になっていて、ツイツイPARKを押してました。(汗)
      ニワトリの最初、鏡筒が近くても遠くても、先ず、GOTO北極星してSYNC。
      で、一度赤道儀の電源を切り/入れして、Kstarsが立ち上がると、EQMOD Mountのバッテンの場所が北極星になっているので、以後、GOTO/GOTOですね。
      二つアライメントすると、3つ目は、ウィンドウの中に見えますね。
      本当にありがとうございました。
      そうそう、Joysticは、本当便利です。スイッチだけ付け替えて、自分用コントローラーを作ろうと思って、秋月でパーツをあれこれ探してます。
      上下左右キーと、赤道儀の速さをコントロールする2個のスイッチだけが出ているコントローラーを作る予定です。(笑)

      家は、PC部屋から東の観測場所まではPLCの商用電源線でLANを構築してます。観測場所には、ホテルWiFIを付けて、PCでもスマホでも使えるようにしました。
      その前、確かにWiFiだと50m位でカスカスでした。
      無線LANの中継器を途中に入れても、そんなに改善しませんでした。(100mの観測場所では無理)
      忠継大王(MZK-EX750NP)
      https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/711712.html
      使い方を替えたら良かったの鴨ですが、PLCは速度も出るので最高です。
      条件さえ良ければ、中継器も便利かと思います。

  2. T-Studio のコメント:

    PLCが使えるといちばんいいですよね。

    広場までは直線距離では5〜60メートルですが、間に木が生えており、広場は公共扱いなので都度の撤収が。。。
    と、言うことで実験兼ねて昨日広場に機材を置き、家から操作したのですが、アンテナレベルが5段階中2〜3のあたりでした。

    久々に操作していて気づいたこと、家の中から遠隔操作で企んでいること(ローテク)などぼちぼちとブロクに記載します。

    • オヤジ のコメント:

      それは、楽しみですね。
      結構、離れているけどニワトリでLANを考えている方の参考になりますね。
      オヤジも、楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。