オヤジのリカちゃん人形着替え版(笑)

娘達が2~3歳頃は、何故かリカちゃん人形が家に有って、誰かがミシンで作ったのか、洋服や靴が山のよう。
怒らないと、何時までも食事をしないで熱中しているおバカな娘二人だった。
今、そのん十年前の光景を思い出し、オヤジも、同じような事やってるジャンんと自笑。

【AZ-GTi、三脚部分を何度も取り替えて(笑)】

  • 付属の三脚は、フニャフニャなのでPCの台に廃物利用

  • ベルボンの三脚に取付たり(重かった)

  • 星見屋さんのトラベル三脚に付けたり(これは、ベルボンより重い)

  • で、最軽量のスリックに付けてみた。これは軽い。
    脚の開き方が3段階使えるので、AZ-GTi付属のハーフピラーを付けて、脚は2番目の開脚にした。

【そんな事は、どうでも良いのだけど(汗)】

昨日、母屋の南側の庭で、BORG36EDの四隅の★が伸びているので、スリムフラットナーを調整。

スリムフラットナー1.1×DG【7110】

南の低空しか、星が見えないので(予報では1時間後は曇る)慌てて、南南西20度に移動させたら、何と、西を向いた時、モーター・ギアの音はするのに鏡筒が西を向いた切り動かない。何じゃこれ!
干渉してました(汗)
写真は、アリミゾや取付ネジに当たる所を、削り取った後だけど、3か所も当たって参った。

ネジは微妙で、これより2mm短いのだと、鏡筒側のアリガタプレートに軽く当たる程度で、鏡筒はグラグラ。
仕方無いので、グラインダーで少し長いのを削った。

で、再度、当たる所をテストしたら、今度は、微動雲台のアリミゾの角2か所も当たる。
原因は、PoleMasterを取り付けるための厚さ10mmのアルミ板(汗)仕方ないので、オーダーメード(笑)で、当たる部分をグラインダー他で凹ませた。

ボール盤位しか無いので、10mm厚のアルミ板、加工が大変。(笑)
これで、軽くなったので簡単に外に出して眼視でも撮影でも出来るだろう。
ベルボンの開脚度1~3番目、この状態だと安定度抜群!しかも、軽いと来たもんだ。(笑)
右の写真、三脚の足は、まだ、2本残っているので、腰痛オヤジには優しい仕様だ。

 

 

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: カメラ三脚の利用, 機材, DIY, AZ-GTi パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。