性能重視の乾燥空気できました。(爆)

【2019-1029 追記】

短時間、ポンプを回して気が付いた。
ポンプがデカいので、シリカゲルも増やさないと、スイッチONで1時間でシリカゲルがピンク色じゃ不味い。
予備のシリカゲル500g+昨日届いた500g=合わせて1000g
を入れることにした。
容器が無かったので、大きな調味料入れを使って作り直した。
容量が増えたので、12.5Vで1A流れるけど、商用電源のあるニワトリなので問題なし。

【ゴムホース】

昨冬シーズン、熱帯魚などのコーナーで売ってるお安いビニールホースは、冬になると硬化して、下手すると、パイプが塞がってしまう。(長い時間、ホースの上に物が乗ってると)
星友「野の花と星達に会えるといいね」の らっぱさんに教えて貰ったゴムホース。
ちょいとお高いけど、真冬の氷点下でもゴムの弾力はそのままだ。
らっぱさんに感謝

【2019-1028】

明日の夜、必要に成るかも知れないので、デザイン性を無視(辛い)して性能重視で早速、繋いでみた。

今までのポンプは6リッター/分だったので、可成りエアーの噴出量が多くなった感じ。
でも、これは、DC12V安定化電源が入っている3個ある収納BOXの1個に、入れて、ゴムホースを5mも伸ばすので、この位の空気量が無いと不味い。
まあ、まあ、かな。(もしかしたら、もっと流量の大きいのにするかも、微妙)
でも、アクリルの内径60mmのパイプが手に入ったら、ポンプを入れて、一方にはシリカゲル。
そんな形にする予定。

恥ずかしながら、100金(均)のカゴにタイラップで固定してみた。(汗)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: DIY, 乾燥空気BOX パーマリンク

3 Responses to 性能重視の乾燥空気できました。(爆)

  1. タック のコメント:

    10月26日に機器の調整目的で撮影した際に、鏡筒が夜露でかなり濡れていたのでそろそろ必要だと感じています。私の場合もぶくぶく装置(毎分1.3L)からでる空気はある程度感じられるのですが、シリカゲル通過後のパイプから出てくる空気はわずかに感じられる程度まで減少しているので、実践で有効に活用できるか心配になってきました。

    • オヤジ のコメント:

      先日は、乾燥空気BOXを分解している夜、北側縁台で36EDで撮影してました。
      気が付いたら、三脚もAZ-GTiも鏡筒もビショビショで、鏡筒を覗いたら、露が溜まってて驚きました。
      キムワイプで拭き取りましたが、心配でした。
      今までは、6リットル/分のポンプでしたが、これは倍なので、東の観測場所で活躍を期待してます。
      顔にパイプを当てると、結構、風を感じますね。
      6リットルのが1200円位、12リットルが1700円位でした。

  2. タック のコメント:

    情報ありがとうございました。早速、ポチッとしておきました。(^o^)V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。