ひ弱なVivoBOOKにINDI

【2019-1030 追記】

カメラ3台でも、サクサク動いて感動していたのだけど、昨夜、雨上がりの21時過ぎVivoBOOK+三脚+AZ-GTi+36EDをさっと出してalignmentモジュールのテストをした。

西北西のベガにGOTO、して近くまで移動。alignmentモジュールでキャプチャーして、1発でど真ん中。
それは、良いのだけど、突然、物凄い負荷がかかったように、mountモジュールに切り替えするけど、10秒以上経過しないと画面が開かない。
これは、想定外だったなーぁ。
VivoBOOKは、alignmentモジュールを使わなくても、導入出来る短焦点、BORG36EDとか、カメラレンズとか。
これなら、PoleMasterで確り極軸を合わせれば、30秒や60秒位ならオートガイドも不要。
VivoBOOKは、フル充電して置けば10時間近く使えるので、バッテリーも小さくてOK。田んぼ遠征セットと名付けよう。(笑)

【2019-1029】

今日は、一日雨らしいのでやる事無いか探していたけど、庭の手入れも雨なので。、そうだ!、ノートPCで使用目的を失ったのが有ったな。
このノートPC(4GB、64GB_eMMC)、もしかしたらINDI入れると軽い三脚に載せたAZ-GTiを使って、36EDとかカメラレンズとか、近所の田んぼに遠(近)征出来るな。オマケに、バッテリーも小さくてOKだ。

【そんな訳で、INDIをインストール】

  1. 行き成りubuntuのastronomy-linuxを入れる方法もあるけど、5月頃、色々テストしている時、やたらワーニング出まくりで嫌になったことがあるので、今回は、正しい作法で、先ず、ubuntu desktopを入れた
    1. Windows10PCで、ubuntu-18.04.3-desktop-amd64.iso (約2GB)をダウンロード
    2. これを、「rufus-3.8」と言うフリーソフトを使って、USB16GBにisoイメージで焼いた。
  2. VivoBOOKで、BIOSを立ち上げ(F2かDELキー連打)USBDeviceから起動して、後は、無抵抗に言われるまま。
  3.  ubuntuのインストールを終え、無事立ち上がったVivoBOOK

    一応、ubuntuの全てをupdate
  4. その後、INDI Libraryをインストール
    3rd party driversは、パッケージ管理をややこしくする物も入っているので、入れなかった。
    と、言うかKStarsがあれば、後は、使いたいアプリがあれば、その都度入れれば良いので。(余計なアプリは、入れない)

    sudo apt-add-repository ppa:mutlaqja/ppa
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install indi-full kstars-bleeding
    sudo apt-get install libindi1 indi-bin
  5. KStarsのToolからEkosを立ち上げて

    Profile(好きな名前AZ-GTiにした)を作って▷マークで起動(スクリーンショットは省略)

    1. mountとcamerは、使えることを確認したのだけど、気に成るのがalignmentモジュールだ
    2. alignmentモジュール、やっぱりofflineだと警告がでる。
      位置解析に必要な、インデックスファイル205個は、事前に、
      /home/user-name/.local/share/kstars/astrometry/ に放り投げてあるのだけど。
      具体的な警告は、solve-field が無いと繰り返し言う。
      PC内、solve-field とwcsinfoを探したが、やはりこのバイナリーは無い。
      INDIの掲示板を見ても、中々、求めている解(オヤジのレベル低過ぎ:(汗))が見つからなかったが、何かそれらしきCommandラインが書かれてあったので、マネっこ
      $ sudo apt install astrometry.net
      要するにastrometry.netバイナリーが入って無かったのだ。あれええええ!(汗)
    3. で、再度、alignmentモジュールを開いた。
      下は、offlineでも解析をしようと努力している所のスクリーンショット。
      昼間なので、鏡筒には蓋をしているので、黒い画像がキャプチャーされている
  6. mountモジュール、特に問題なく起動
    1. 危険なPARKの扱いについては、T-Studioさんに教えていただきました。感謝します。

【メモ】

  • Astronomy.netがインストールされて無かった件、何か引っかかるので、
    astronomy-18.04.1-2019.01.23_amd64_v7.iso
    を、入れてみたけど、やはり、Astronomy.netがインストールされてなかった。
    何でだべ!
  • Windows10のASCOM環境では、HPの我家最速ノートPCでも、
    ①ガイドカメラ(ASI290MM Mini)
    ②主カメラ#1(ASI1600MM Cool)
    ③主カメラ#2(ASI1600MC Cool)
    を繋げると、不安定で、ニワトリ所じゃ無かった。
    が、昨夜、全く星の見えない夜空に鏡筒を向け、警告がでるけどPHD2も立ち上げ、主カメラ2台で曇り空を撮影。
    不安定な事は、一度も無かった。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: INDI パーマリンク

6 Responses to ひ弱なVivoBOOKにINDI

  1. T-Studio のコメント:

    sudo apt-get install gsc

    上記加えればシミュレーションドライバで撮影やsolverのテストできますよ。
    (カメラ繋げなくても星がシミュレーションした星が写ります)

    • オヤジ のコメント:

      昨夜は、イワシ雲の隙間にチラホラ星が見えたのでsolveの練習をしました。
      が、昨夜は、雲が多過ぎなのか1度も成功しないので、もしかして、操作手順が違うのかと、ネットを色々徘徊してました。
      例えば、キャプチャー画像の左半分が雲(★は見えない)で、右側に星が沢山見える状態でも、solveが失敗。
      早速、gscって言うんですか204MBのファイルを落としてやってみました。
      気持ち良く数秒後に「ピン♪」と鳴って成功しますね。
      と、言う訳で、操作手順は間違ってなかったことが確認できました。
      solveしようとするエリア・キャプチャーで表示するエリアに雲が入ってると、結構、シビアにsolveが失敗するものなのでしょうか。
      今夜は、本当に暫くブリで、東の観測場所でINDIでニワトリの予定ですので、色々、確認です。
      何時もありがとうございます。
      お蔭様で、オヤジのINDI環境、大分進みました。

      • T-Studio のコメント:

        さすがに半分くらいかくれてるとNGになると思いますよ。
        私は画像ダウンロード後、解析に2〜30秒かかるようだと別の場所に動かしてSolverします。

        • オヤジ のコメント:

          そうでしたか。
          キャプチャー画面、所々★が見えてるので・・・程度が解らず。(笑)
          納得です。
          20~30秒も納得です。
          —-これ、頭に入れます—–
          雲の無い所に移動させて、solveを2回位すればバッチリ・アライメントが出来ている訳ですもんね。
          —–これ、頭に入りました—–
          以後、GOTOを使って東西南北・水平天空(笑)
          今夜のニワトリが楽しみになりました。

  2. T-Studio のコメント:

    オヤジ様が気づかれた通り、Linux版はAstrometry.netを別途インストールが必要ですよ。
    (Mac版は全部入りです)

    私の環境では
    /usr/share/astrometry
    にインデックスファイルが入っています。(開発者の配布したDEBファイルでインストールしました。)
    経験的にTycho2インデックスも入れておいた方が解析が速くなります。

    • オヤジ のコメント:

      >Linux版はAstrometry.net
      これは、落とし穴でした。と、言うかAstronomy-linuxのubuntu_Ver16.04.6だったかでは、OSとAstronomy関係、一度にinstall出来るのですが、その時は、間違いなくAstrometry.netが入っていて、indexファイルを自分で指定する場所に置いてsolve出来たんですよね。
      その後の、OSの新しいVer18.04.1などでは、solveが使えないので、物は試しでやってみたら、使えてホットしました。
      良く分かりませんが、Astrometry.net側のライセンスとかの関係ですかね。ポカ忘れじゃないと思うのですが。
      ありがとうございます。納得です。

T-Studio へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。