AZ-GTiのUSB接続ケーブル作り変え

AZ-GTiのUSB接続で、あんこ玉の付属ケーブル「RJ12 - RJ45」が短すぎて、本体側面に取付が難しい。

で、仕方なく前にもLANケールを作ることに成功したので、今日は片側電話モジュラーのRJ12に付けて、少し長いケーブルを作った。

次は、あんこ玉から冷却CMOSカメラのUSB2.0Hubへのケーブルなのだけど、先日買った6個目の冷却CMOSカメラの付属品を良く見ていたら、こんなのが2本入っていた。

何で、こんなケーブル2本が付属品なんだ。フィルターワークで使うケーブルなのかも。
で、早速、これを使って接続。(笑)

冷却CMOSカメラには、ガイドカメラからのケーブル1本と、AZ-GTiのUSB接続のケーブルの2本をHubに差し込んで、本体のUSB3.0からPCへの接続は1本ケーブルで可能になった。
これは、INDI環境でしか、動作の確認はしてません。
WindowsのASCOM環境で、こんなバカな事したら、動かないと思う。(汗)
INDIは有りがたい、こりゃ便利。

オヤジ について

昔、柔道4段、剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 Kanagawa pref. Japan
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。