INDI Solverのテスト

直前まで雨が降ったので、19時から北側縁台で、Solverのテスト。
縁台は、ビショビショなので、雑巾で拭き掃除。(笑)
今日は、殆どのターゲットが数秒でど真ん中に導入出来た。
北極星が見えていたので、暫くブリにPoleMasterで極軸調整をした。

極軸を正確に合わせたからなのか、2秒とか3秒位で、メシエ等がど真ん中に導入出来る。
昨日、INDI_PCのアップデートをしたら、アライメントの画面にASTAPがひょっこり。

  • ASTAPで導入
  • astrometry.net onlineで導入
  • astrometry.net offlineで導入

何れも、あっと言う間に導入完了する。

そうそう、アライメントモジュールで導入を完了し、カメラモジュールに移って、実際、撮影を開始するので、普通(オヤジの普通)キャプチャーしたり、ワンショットしたりする。

所がどっこい!アライメントモジュールからカメラモジュールに切り替え、プレビューボタンを押して、普通は、ExpやGainを調整するのだけど、この場面に切り替えると0.5秒位で、Kstarsが吹っ飛んでしまう。desktopには何もアプリを起動して無い状態。

もしや、ガイドカメラ+AZ-GTi+ASIカメラのケーブルを束ねて1本のUSB3.0でPCに繋いでいるのが問題なのかと、全部、別のケーブルを使ってテストしてみたが全く同じで吹っ飛ぶ。綺麗サッパリ画面からいなくなってしまう。

何か、インストールでも間違えたかと、再度(汗)、Ubuntuをいれ、Astrometry関連のソフトをインストール。(約2時間掛かった)
所が、吹っ飛ぶのは変わらなかった。(汗)

このままじゃ、アライメントが無事に導入成功しても、カメラモジュールに切り替えると、KStars関連アプリの起動中の窓が全て消え先に進めないので一大事。
吹っ飛ばないように使える妙案は無いものかと・・・・・ありました。
1ショットを使えば、吹っ飛ばない。(汗)
パラメーターを変えたら、ワンショットで1回確認。
この繰り返しでも、何も問題ないので、これで行くことにした。
その内、Versionも上がるだろう、楽しみにしてよう。

明日も天気は良さそうなので、少し、焦点距離の長いのでテストしてみよう。
(昼間は、ピラーのペンキ塗り)

オヤジ について

昔、柔道4段、剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 Kanagawa pref. Japan
カテゴリー: AZ-GTi, ASI1600MM Cool, INDI, ASI120MM Mini, BORG 36ED パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。