SD115SでSolverの練習

INDIの勉強も大分進み、正直、PCの不安定感は皆無で、安心してニワトリが出来るのが嬉しい。
GPVの予想どおり、22時前には殆ど雲に覆われたが、Solverの練習ができてホッとした。
月が明る過ぎて、普段、アライメントで使うような明るい星をターゲットにしてsolverを練習。

星の画像がないのも、つまらないので、鏡筒が殆ど水平状態のM42をsolve。
真ん中も真ん中に、導入する。これは凄い!

次回は、AZEQ6GTを載せるピラーも出来上がっているので、ずっと我慢していたC11の出番かも。

高度10度ない殆ど水平だけど、M42は明るいんだなーぁ。

Exp 20sec・Gain 171・100枚(途中、雲通過で120枚が100枚に減った)

全く同じ画像100枚を使って、頭のさえ渡っている今朝、画像処理。
毎回違う出来上がり。(笑)

【機材】

  • 自作コンクリートピラー
  • AZEQ5GT
  • SD115S(699mm)
  • 撮影カメラ:ASI294MC Pro.+QBPfilter 冷却:-5.0℃
  • PC:ASRock Intel H110搭載 ベアボーンPC Desk Mini 110/B/BB
    SSD128GB,Memory16GB,pentiumG4560

【メモ】

  • 一昨日は、36EDでf:220mm、今夜は、SD115Sで699mm。
    少し、失敗が出たのは、長焦点だからなのか。?
  • 最初の極軸合わせを確りやったので、結構、上手く導入できた。
    これなら、画面では見えない淡い星、自信を持って撮影開始できる。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: Joystic, ASI294MC Pro., INDI, 東の観測場所, コンクリートピラー, 天体観測, AZEQ5GT, OAG., ASI290MM Mini, SD115S パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。