ニワトリでSD115S+ASI294MC Pro.

今夜は、月の出が01時31分とか。
SD115S専用のASI294MC Pro.は、まだ、1度しか使ってないので今夜は2度目。

【準備完了】

【ケーブルの取り回し】

今まで、全部のケーブル+チューブ等、一束にして、冷却カメラのUSB3.0に抱き合わせていたけど、使用頻度の多いASi071MC Pro.のコネクターは少し緩くなった気もするので、早めの対処で、コネクターに負担を掛けないような取り回しを考えている。

SD115Sのドローチューブ出口にRD(899mm→699mm)があるので、これにベルクロのバリバリを付けて、以下を引っかけている。更に、ASi071MC ProのUSB2.0には、ガイドカメラからのケーブル、赤道儀からのケーブルを差し込んでいるので、本数も3本の所1本に減らせた。
これなら、ASi071MC Proの負担もないので安心だ。

  • ASi071MC ProからのUSB3.0ケーブル
  • DC12V赤黒ケーブルがPC側から来ていて、
    • セルフパワーの電源(DC12V→DC5V)ケーブル
    • 冷却CMOSカメラの冷却ケーブル(DC12V)で、兼用
  • セルフパワーの延長ケーブル5mでPCに接続
  • 乾燥空気のゴムチューブ

そんな訳で、まだ明るい14時に作業開始。
365連休中の暇人です。(笑)

【機材】

  • 自作コンクリートピラー
  • AZEQ6GT
  • SD115S(699mm)
  • 撮影カメラ:ASI294MC Pro.+LPS-D2 Filter 冷却:-5.0℃
  • PC:ASRock Intel H110搭載 ベアボーンPC Desk Mini 110/B/BB
    SSD 128GB,Memory 16GB,pentium G4560

【PHD2安定してる】

序に、右側の画面の一番左のアイコン(スパナが見える)をクリックすると、この画面になり、左から、①撮影中の一枚/今何秒経過、②中撮影枚数/合計枚数、③全体のパーセンテージを表示してくれて便利。
APTを数年使っていたので、残り時間の表示があると、車内の単眼鏡から見る一番大事なデーターなんだけど。(汗)
と、思ったら、②と③の丸の下に、ちっこい残り時間がカウントダウンされていた。
もう少し、大きな字で見えると有りがたい。
残念ながら、オヤジの目ん玉じゃ、単眼鏡のピントを合わせても、この小さな数字は見えない・読めないな。
そんな訳で、Expは60秒が多い(頭が弱いオヤジ、特に暗算、露出1分50枚なら50分で解り易い)(爆)。

【M31】

Exp 60sec. Gain 284 48/50枚

【NGC884】

Exp 60sec. Gain 284 44/50枚

【M45】

これも50枚とったのだけど、全部、濃い雲・薄い雲が次々に通過。
悪い画像をはねて行くと、ゼロ枚になってしまうので、比較的、被害の少ない19枚をExp 60sec. Gain 284でコンポジット
トーンカーブを初めて悪戯して、無理やり青を強調したら、周りのモクモクが少し見える。

【メモ】

  • 今夜は、SD115S+RD=f:699mm
    Solveは、上手く動いてる。残念ながら雲が移動中では数回失敗(笑)
  • PHD2、今までのニワトリだと、ガイドカメラASI290MM Miniが一番良い
    折角OAG.用で買ったQHY5Ⅲ174Mは、結局INDIcameraを選んでも、ダークが造れなかったりで、がっかり。次のupdateで修正してくれると嬉しい。

About the author

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。
残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。
柔道4段、剣道3段

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。