新月は嵐、満月は快晴

今夜は月齢15
最近、多いけど、

満月=快晴夜空

になる。
月の写真でも撮るならあれだけど、それ以外だと、明るい夜空は観測はお休み。

オヤジの場合、Solvingで1つ疑問があるので、それを、今夜はやってみるか。
solve成功すると、十字グラフの真ん中にマーカーが付くのだけど。
何故か、少し離れた所に、何個もマーカーが。

で、撮影すると、ど真ん中にターゲットが見えてる。
今夜は、この疑問を・・・・。

月のサーチライトに負けました。寝ます。

 

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: INDI, 天体観測 パーマリンク

4 Responses to 新月は嵐、満月は快晴

  1. T-Studio のコメント:

    赤道儀であれば、おそらく極軸のズレかと思います。
    架台がトラッキング状態であればSyncすれば自動的に画面中央に対象を移動してくれます。

    • T-Studio のコメント:

      そのままでもSolverするなら特段問題ありませんが、修正するのであればドライバのアライメント設定が怪しいです。

      • T-Studio のコメント:

        あとは、ドライバとKStarsの緯度経度、時刻のズレがあるかでしょうか。
        いずれにしてもトラッキング状態でSolver→Syncすれば、ズレ分を自動で移動してくれますので撮影には影響でませんよ。

  2. オヤジ のコメント:

    極軸ズレですね。きっと。
    タックさんのsolverのスクリーンショットを拝見すると、ど真ん中ですね。
    実は、polemasterが有るのですが、WindowsPCを使うので、面倒で、何時も、北極星を画面の真ん中付近に置いてるだけです。
    大きな鏡筒を乗せるニワトリ場所では、ど真ん中にマーカーされて、主カメラでもターゲットは、真ん中に来てます。
    縁台でカメラ三脚なので新幹線の振動で、何時まで経っても極軸合わせが出来ないのが、本当の所です。(笑)
    矢張り、極軸ズレですね。
    ありがとうございます、安心しました。
    アライメントモジュールのpolealig.を早く覚えないとです。(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。