INDL Lib.でC5 XLT

今夜は、C5 XLTが取り敢えず、使えるか・使えないかのテスト。

風が吹いたら、フードがががが・
で、紙テープで留めた。(笑)

西日を浴びて・・・・見えにくい。

【機材】

  • 自作コンクリートピラー脚
  • AZEQ6GT
  • C5 XLT (f:1270mm)
  • ASi071MC Pro フィルターなし
  • ububtu/INDI ASUS ZENBOOK BX310UA-FC1001T(8GB SSD250GB)

【多段露光】

INDI/Ekosでは、初めて多段露光ってやってみた。
撮影手順を書いて置けば、何通りも連続して撮影するんだ。ほほーぉ

【四隅の具合】

周辺減光あり
しかし、星は、そんなに歪じゃないよな。
C5使えるな。(笑)

【M31】

【M42多段露光】

30秒を50枚
6秒を10枚
ゲインは280固定

【メモ】

  • 周辺減光が多いと・・・あれなので、ASI1600MC CoolかASI183MC Pro.を使おうか考えたけど、気の遠くなる焦点距離なのでAPS-CのASi071MC Proにした。
    1270mm+ASI1600MC Cool
    合計の焦点距離=3289mm
    1270mm+ASI183MC Pro.
    合計の焦点距離=3366mm
    因みに、
    1270mm+ASi071MC Pro
    合計の焦点距離=1905mm

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: 機材, C5 XLT, INDI, 東の観測場所, コンクリートピラー, AZEQ6GT, QHY5Ⅲ174M, 天体観測, ASi071MC Pro., 乾燥空気BOX パーマリンク

2 Responses to INDL Lib.でC5 XLT

  1. タック のコメント:

    オヤジさん、 おはようございます。
    先日Kさんのところにお邪魔した際にAstroArsの方にSelf-flatを実演していただきました。周辺減光も結構きれいに補正できていたのでお勧めです。

    https://www.astroarts.co.jp/products/stlimg8/tips/selflat-j.shtml

  2. オヤジ のコメント:

    タックさんメールアドレスが見つからないのでblogの「お問い合わせ」にメールしました。ご覧ください。
    巨大なピラーで、オヤジも驚きました。(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。