ニワトリ C11 XLT

2020-0115は、結露で飛んでも無い事になっちまったので、今夜は、もう一度、C11でSolvingしたり、遠くの銀河等、撮れたら幸い。

【準備完了】

【機材】

  • 自作のコンクリートピラー脚
  • AZEQ6GT
  • C11 XLT(f:2800mm)
  • OAG.
    ASi071MC Pro qbp-filter
    QHY5Ⅲ174M
  • HPノートPC ubuntu/INDI Lib.(i5core 16GB SSD500GB)
  • PoleMaster
  • 強力な乾燥空気

【M42】

多段露光用に、5秒10枚撮ったハズなんだけど、無いな。(汗)

【メモ】

  • 2020-0115は、乾燥空気のゴムチューブが、物入れに引っかかって、空気量が少なく、C11の補正板まで真っ白、外側は露が少し凍った状態で最悪だった。
    まあ、それでやる気を無くしたのだけど、その状態で、OAG.のガイドカメラを引き抜いてセンサー面を見たが、流石にここは密閉されているので、結露は100%無かったことは確認した。
  • さて、今夜はどうなのか天気次第だけど、家に帰って暗くなるまで、愛猫のトイレ掃除をして、退屈しているので遊んでやるかな。(笑)
  • オヤジの目で見る限り、薄雲は無かったと思うけど、ガイドが外れたり何度か。
  • HPのノートPC用のDC12V → DC19Vのコンバーターが故障した。車の中で直そうとしたのだけど、テスター持ち込んでないので諦めたのだけど、1時間もロスした。明日、チェックするけど、大急ぎで家に戻りAC100Vアダプターで再開させた。
    フューズが切れただけで交換して復活。
    でも、OUT/INのケーブル接続状況などチェックしたけど、何故、フューズが切れるのか不明のまま臭い物に蓋をします。(汗)

  • そんな訳で、またもや、パッとしないC11だった。(汗)
  • 昨夜気が付いたと言うか、閃いたのだけど、現状、C11・EdgeHD800・EVOSTAR150DXは、同じCelestronのOAG.を鏡筒側を統一してスリーブを差し込む方式にしてる。
    ↓ 写真はC11とOAG.

    で、今、フィルター(全部、光害フィルタ)は、OAGと鏡筒の間に入っている形なのだけど、それだと、フィルターの効果(有るか無いか解らないけど)と言うか影響が、ガイドカメラにも関係してくる。
    そう言えば、C11の時は、PHD2でもInternalガイダーでも、特に、ガイドの失敗が多い。
    と、言う訳で、フィルターをOAG本体と撮影用冷却カメラの間に入れるのが正しいような気がする。(頭ボリボリ)
    適当なアダプターが見つからなく、諦めたことがあるけど、再度、やってみよう。(汗)

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: PoleMaster(ubuntu), 東の観測場所, コンクリートピラー, AZEQ6GT, QHY5Ⅲ174M, OAG., ASi071MC Pro., 乾燥空気BOX, C11 XLT パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。