Macで初ニワトリ

数日だとは思うけど、中々テストできない空模様に、毎日うんざりしてた。

昨夕から、北側の観測縁台で準備はしてたのだけど、GPVも七変化(汗)、結局、日を跨ぎ4時から5時半までの時間で一応テストできた。

KStarsの画面を1000ピースのジグソーパズルに例えると、そのピースが、突然バラバラの画面になって驚いた。赤丸、黄丸、緑丸は使える状態。
結局、再起動して治り、その後は発生しなかった。

PHD2を起動すると、ガイドカメラが繋がってないようなワーニングがでるので、暫し、無い脳みそで考えた。
ガイドカメラをdisconnectにしたら、PHD2は文句を言わなくなった。
これって、PHD2を使う時の常識なのか(汗)
Ekosプロファイルでは、ガイド方式としてPHD2を選択してなかったかも。(汗)
(確認したら、internalだった)

そうそう、タックさんに参考リンクを教えて貰ってたんだった。
ゆっくり読もう。
https://indilib.org/forum/general/3544-phd2-guider-settings.html

薄明が始まったので、グラフを大急ぎでコピー

そんな訳で、KStarsの吹っ飛び現象も無く使えることが分かったので、次回は、東の観測場所で本番だ。

 

M92(動作確認)

NGC5939(動作確認)
1分位、mountを止めてしまったので、ターゲットがズレた

 

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: MackBook Pro., 機材, AZ-GTi, INDI, ASI1600MC Cool, 日記, PHD2, ASI120MM Mini, BORG 36ED パーマリンク

2 Responses to Macで初ニワトリ

  1. T-Studio のコメント:

    EkosのガイドモジュールとPHD2を連動させるにはPHD2のサーバ機能をオン、EkosのガイドをインターナルからPHD2に変更すると使えますよ。
    連携させるとガイドモジュールから操作、ガイド状況の確認ができる他、ディザリング、マウントを対象に移動させるときガイドをオフにするなどの連携ができたと思います。

    連携させずに完全に個別に使うこともできます。(私はこっちです。トラブルが出たとき切り分けが楽なので(笑))

    • オヤジ のコメント:

      早速、ありがとうございます。
      丁度、Enable ServerをToolsの中に見つかりました。
      次回(今夜か、明日の夜か)早速、やってみます。
      今まで、M-GENでオートガイドは何も考えなくても使えていたので、PHD2もinternalも手ごわいです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。