神のお告げで、母屋南側のピラー脚を移動

昼寝中に、天体観測の神様が降臨され、『今の場所は、準備が大変なのでピラー脚一式をPC部屋(居間)の前に移動しなさい。』
とのお告げ

早速、『へへーーーーぇ』で100kgのコンクリートピラーを、即、移動
30cmx60cmx5cmのコンクリート板2枚を敷いて、上にピラー脚を載せた。

母屋北側の観測縁台は、本当に狭い範囲しか見えないが、今度のPC部屋の外は、天空から下がって27度の南東~南~南西まで良く見える。
ただ、電線が縦横無尽に走っているけど。
ここなら、MacでINDIの勉強に最適だ。

もう一つ理由があって、この辺海沿いなので、へそ曲がりの雲が夜半に北上、深夜から薄明までは星空。
が、年間を通して結構ある。
まあ、夜中に浴衣でニワトリの準備も辛いので、今まではパスしていたのだけど、いよいよ、地球の温暖化だかとてつも無い数の通信衛星?を上げちまったとかで、空を見る機会が減ってしまう。
2時間、星が見えれば準備する。そんな風に考えを変えた
そんな訳で、夕方に設定をして、防水ビニールを掛けて置けば、深夜に起きて浴衣でニワトリが出来る。(爆)

【準備完了】

これ、大きなポリバケツを被せて、赤道儀+短い鏡筒も常設にできるなーぁ。
夢は荒野を駆け巡るってか。(爆)

【GPV予想】

今夜もこんな天気をGPVは予想している。

【PC部屋・居間】

左のPCがMacBookPro、部屋の灯を消すと、肉眼で鏡筒が移動しているのも見える。
着替えないで浴衣でニワトリが出来る所が気に入ってる。(笑)

【機材】

  • 自作、コンクリートピラー脚
  • AZEQ5GT Serialケーブル接続
  • BORGED36 フラットナー f:220mm
  • OAG. 主カメラ:ASI1600MC Cool ガイドカメラ ASI120MM mini
  • MacBookPro INDI Lib. 16GB/SSD256GB

【予想どおりのGPV】

23時30分起床(写真↓の右上は、愛猫ハギのかまくら)
西の方にお月様は居るけど、予想どおり、雲無しの夜空。
今まで、こういう天気予想の場合は、布団被って寝ていた。(笑)

この時間(01時00分)見える視野に適当なターゲットが無いので、M35狙い。
でも、PHD2のガイド星10個以上見えてるけど、S/Nが10前後。
ガイド星、皆、ラグビーボール風だし、OAG.のプリズムをもう少し下げた方が良さそうだな。
昼間、明るい時間にもう少し下げよう。

【M35】

コンポジットして気が付いたのだけど、どうも、AZEQ5GTもガタが出ているらしい。2か所位置合わせx20枚でコンポジットしないと、星が凸凹(位置合わせ自動の場合)

 

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: MackBook Pro., INDI, ASI1600MC Cool, 日記, AZEQ5GT, ASI120MM Mini, BORG 36ED パーマリンク

11 Responses to 神のお告げで、母屋南側のピラー脚を移動

  1. T-Studio のコメント:

    相変わらず素晴らしい行動力ですね。

    頭が下がる思いです。
    INDI環境もまとまれば効率的に撮影できそうですね。

    こちらはここの所EAAばかりです。
    (晴れないわ、寒いわで楽な方に走ってます。)

    • オヤジ のコメント:

      最初に、T-Studioさんの、カメラ+レンズの凍り付いた写真は、衝撃的でした。
      機材は、元に戻りましたか。(汗)

      T-Studioさんに褒められると、舞い上がってしまいますよ。(笑)
      何度かコメントしたと思いますけど、2014年11月から天体観測が趣味になって以降、Windows+ASCOMのUSB認識の不安定・不安定・不安定。
      端的に言ったら、何で自分だけなんだと、今でも思ってます。
      Blogサーフィンしても、見当たらないので不思議でした。(汗)
      それが、ubuntu/INDIで驚き、OSをMacにして腰を抜かしました。(笑)
      人生残り少ないので(笑)、遣れることは、時間でも機器購入でも、あの世で後悔したくないですので。
      頑張ります!(爆)

  2. タック のコメント:

    オヤジさんは日中は筋肉労働でしたか。神のお告げじゃしょうがないですね。
    私は日中MacでPlate Solving の設定で試行錯誤していて、ようやく Local の astrometry.net が稼働するようになりました。おかげさまで、これで LinuxとMacOSの体制ができました。
    T-Studioさんのお住いのところは気候的に大変ですね。木造簡易ドームなんかを作成して INDIから開閉させるというのはどうでしょう?

    • T-Studio のコメント:

      オヤジさん絶対私より長生きしますって(笑
      環境も整ってきたので存分に楽しんでくださいね。

      • オヤジ のコメント:

        この俗世で、長生きしたいと言う気持ちもありますが、極楽浄土のあの世にも魅力がありますね。(爆)
        あっ、我家は、浄土真宗じゃなくて曹洞宗です。(汗)
        可もなく不可もなく、30ん年仕事しました。
        今までの天体観測は、ストレス溜まりに溜まり(笑)、これからは、安定したINDI環境で、で星のサーフィンしてノンビリ楽しみます。(笑)

  3. オヤジ のコメント:

    タックさんのblog拝見しました。
    パワーユーザーですねタックさんは。
    オヤジは、筋肉で考える方なのでツールは、スコップ・シャベルなのでMacはサッパリです。(笑)
    タックさんのblogにコメントしたのですが、アライメントは気持ち良く成功しているので、不思議です。
    夜中に起きて、玄関から数メートル。あらかじめセットしていた機材を覆っていたビニール袋をとれば、即、観測できるのがよいですね。
    段々、面倒になって、昨夜と言うか今朝4時前、鏡筒一式を外して玄関までが面倒でした。
    もう少し大きな厚手なビニール袋を被せて、明るくなった朝、機材を外せば良いか、又は、常設してしまうか。悩み中。
    まあ、使い方を覚えてしまえば常設は必要ないかもですが。(笑)
    USB2.0のリピータケーブル10mを使ってますが、mountとカメラ2個(主カメラ+ガイド鏡)安定していて、全く問題ないですね。
    電線が7~8本も写っている所でもアライメントは成功しました。
    f:220mmだからでしょうね。(汗)

    • T-Studio のコメント:

      タックさん

      集合住宅なので自由に使えるスペースが無いのですよ。。
      ベランダは1階にありますが、木が邪魔をして空がほとんど見えません。
      区画内に広場があるのでもっぱらそこまで持ち出してリモート観望です。。。(今は寒いので)

  4. タック のコメント:

    常設方式は天候に恵まれない日本では、数少ないチャンスを有効に生かすのが良いですよね。おまけに明日は出勤なので早くなねくちゃということも考えなくてよい身分なので・・・
    Speedが問題にならないようでしたら、USB3.0よりUSB2.0のほうが安定してつながるという印象を持っています。

    • オヤジ のコメント:

      今は、東の観測場所も、丈夫で重たいTeleGizmosのカバーを使ってますが、結局、夜露でmountがビショビショ。
      この辺も考えて、「kさんスタイル」ですかね。
      軽い鏡筒も赤道儀に載せたままにするなら、それなりに、大きな厚手のビニール袋が必要ですよね。
      それに、日中は直射日光(夏場)とか、何時も、途中まで行くのですが、やっぱり楽しちゃだめだ>オヤジ
      です。(笑)

  5. k のコメント:

    いろいろ教えて頂き、ありがとうございます!昨夜の予報はバッチリでしたね。おかげさまで撮影出来ました。
    帰国以来、昼間晴れてても夕方頃雲が出て諦める事が多かったのですが、夜半過ぎから晴れるパターンが少なくないのですね。海沿いの天気の癖みたいなもの、段々解って来たような気がします。
    確かに機動性は重要ですね、、、

    • オヤジ のコメント:

      40時間詳細でも、2:20、3:45、8:20、9:45、14:20、15:45、20:20、21:45、だけ更新されます。
      午前から午後14時過ぎで、ガラリと変わると、大体、しっぺ返し喰らいますよ。
      これ、この辺の海沿いだからですかね。
      ここ数年、過去の気候の記憶が当てにならないのが、辛いですね。
      東の観測場所は無理ですが、昨日、急遽作ったPC部屋前のピラー脚。
      何とか、鏡筒も常設にしたいと思っているのですが、中々、妙案が浮かばない思案橋ブルース状態です。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。