母屋南側でニワトリ

MacBookProのKStarsのバージョンを3.4.0にしたので、一応、ニワトリをしてみた。

母屋南側は、USB3.0リピーターケーブル5mx2本で室内でMacBookProに接続してる。
勿論ACアダプターで5Vをリピーターケーブルには給電している。

お月さんがいなかったので、そこそこ、光害の庭にしては撮れてるな。

astroberry-Jで、ニワトリをセットしたら、どうやっても(3時間もテストした)赤道儀の動きが変。
地底をクリックして、GOTOすると移動開始するけど、地上(赤道上・北半球側)だと、ウンともスンとも言わない。
前にも有ったけど、「水平線以下なので、リセットしますか」風なワーニングが出て欲しかったのだけど、何故か、出ない。(これでリセットすると、まともな赤道儀の挙動になる)
仕方ないので、KStarsのバージョンも上げたので、MacBookProでテストした次第。(汗)

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: MackBook Pro., 機材, QHY5-2(M), INDI, 天体観測, AZEQ5GT, FS60CB_2連装, ASI183MC Pro. パーマリンク

6 Responses to 母屋南側でニワトリ

  1. T-Studio のコメント:

    緯度経度、日時があっていないような状態ですね。。
    こちらでは正常なのですが、ドライバ、システム時計、KStarsの情報揃っていますか?

  2. オヤジ のコメント:

    T-Studioさん
    INDIに興味が出て、早、9カ月。
    T-Studioさんが繰り返し、言われている時間と場所。
    これは、兎に角一番大事ですよね。
    と、言うかsolverの解析も、できなくなってしまいますから。(汗)

    実は、AZ-GTiもAZEQ5GTも挙動は、全く同じです。
    Windows用のSynScan Proだけで、1スターアライメントをすると、移動する経路も正常に鏡筒が移動し止まります。
    astroberr-J(ubuntu/INDIでも同じ挙動でした)のサーバー上で赤道儀モードでKStrasを動かしていて、全く正常にGOTOしてくれてました。
    あの操作をしたから、とか、これをしたから変になった、のかなと言う事が見当たらないのですよ。
    でも、ここ数日は、AZ-GTiで経緯台モードで動かそうとしましたけど、これも動きが変で、例えば、ホームポジションの北極星を向いている鏡筒で、カペラ(北東)にGOTOすると、鏡筒は北西の方に動くのに、星図(KStras)上では北東に動きカペラでSTOP。
    で、やっぱりだめかと、経緯台モードは諦めた。
    その直後から、AZ-GTiの赤道儀モードでも、リアルに星のある方向と反対の方向に向いてしまって、北東45度当たりに移動するはずが、鏡筒は、水平より少し下向きになりました。
    昨日は、数時間観測出来そう、また、AZEQ5GTなら正しく動くのではと思い、astroberr-Jでニワトリをセットしたのですが、変な動きは、同じでした。
    と、言う訳で、不具合切り分けのテストの結果、KStrasの何か設定ファイルに変な挙動をするデーターが残っているのかと思ってます。

    T-Studioさんからダウンロードさせて貰ったastroberr-Jを、別のマイクロSDに焼いたので、後で、室内テストですが、AZGTiが普通に赤道儀モードで動くかやってみます。

    追記ですが、
    1)上↑の経緯台・赤道儀モードで挙動が変な状態で、windows10のSynScan Proで操作すると、赤道儀2台とも、正常に動く事を確認しました。
    2)MacBookProのKStrasでも、正常です。

  3. タック のコメント:

    MacOSX の KStars を 3.4.0 に Updateしたら Language switch が正常に動作するようになり、メニューや星の名前が日本語で表示されるようになりました。-> T-Stusioさん感謝です。

    オヤジさん、私の場合MountをPowerOnしてKStars を立ち上げた後は、手動で肉眼を見える星を使用して1点 Allignment を実施しています (MacOSX も Linux 両方とも同じ手順)。下記は操作は一例ですが、実際の星の位置とKstarsの位置を一致させてしまえば、あとは Goto 機能と Plate Solver でほとんど問題なく中心に移動することができています。RaspPi 3+ StellarMate + AZGTi 経緯台モード は実戦で使用していませんが、室内で同様な手順で実験してみまたところ、Goto機能でもまともそうな位置に移動していました。ご参考までに!

    1.Kstars をMountの画面 (縦長のDialog画面) で対象の星を選択
    2.手動でファインダーを使い対象の星を導入
    3.Tracking Mode に変更
    4.Mount の画面 (縦長のDialog画面) で Syn させ実際の位置とKstarsの位置を一致させる

  4. オヤジ のコメント:

    ニワトリ終了時、寒かったり・眠かったりで、赤道儀の電源、鏡筒が変な向きの時にOFFしていることが原因か、等と思ってます。(汗)
    手順1~4
    面白いですね。
    まだ、赤道儀の挙動が変になる方のマイクロSDは、そのままなので後でテストしてみます。
    ありがとうございます。

  5. T-Studio のコメント:

    オヤジさん

    設定ファイルに間違った緯度経度が書き込まれた可能性が高いです。
    (多分GPSつないだときかと思います。)
    その上で、最初からGOTOするとそうなってしまします。

    タックさんも記載されていますが、最初は手動で移動してアライメント(Solver・Syncで書き込まれます。)で操作したほうが安全ですよ。

    • オヤジ のコメント:

      KStarsの星図上では、北半球のターゲットの星にGOTOを実行すると、水平線より下なので、位置をリセットしますか?とワーニングが出ます。
      これは、GPSが無い数カ月前に何度も発生しているので、GPSが直接の原因とも思えないのですよ。
      C11の重いのをセットした12月でも、途中からこれになって、ニワトリ閉店になりました。なので、MacBookProのKStrasでは、起きない保証もないので、正直不安です。

      でも、「間違った緯度経度」これは正しいと思います。

      >最初は手動で移動してアライメント(Solver・Syncで書き込まれます。)
      そうなると、夜、星が見えてる時ですね。
      原因と対策が解れば、鬼に金棒でニワトリ・プチ遠(近)征できますので。
      このマイクロSDは、大事に保存して置きます。
      明日の夜はテストできそうです。
      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。