EVOSTAR 150DXでニワトリ

な な なんと、前回ここでニワトリをしたのが1月31日。
ごちゃごちゃ、テストをしたりで、星はみているけど、夕方に自信を持ってセッティングするのが1か月と1週間ぶり。

本当、天気悪過ぎ。

【機材】

  • AZEQ6GT
  • EVOSTAR 150DX
  • ZWO EAF
  •  OAG.
    • 主カメラ ASi071MC Pro. + QBPフィルタ
    • ガイドカメラ QHY5Ⅲ174M
  • INDI/astroberry-J2020V2
  • remote側MacBookPro.

【本日のテスト項目】

  • EAFをINDIのフォーカサーモジュールからテストしてみる。
    (ダメならバーティノフマスク(笑))
  • Filter Drawerは、既に取付あるので、暗くなって、抜き差しが簡単にできれば、次回からは、光害フィルタの入ってるBOXは、車の中に忘れずに。

EVOSTAR 150DXにZWO EAFを取り付け

ZWO Filter Drawer.をセレストロンのOAG.に取り付ける

EAFもFilter Drawerも特段問題無かった。
ただ、ピントが少し甘くて・・・・・最後は、バーティノフマスクで追い込んだ。(汗)

明るいお月様が真上に居て、可成り明るい夜空。(笑)
16GBのSDメモリーを挿すと、preview画面が出なくて参った。
仕方なく、今夜の撮影画像は、マイクロSDカード(128GB)にそのまま書き込んだ。(汗)

【M3】

若干、ピントが甘かったな。
(Exp120sec,Gain180)*30

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: Astroberry-J, ZWO EAF, 機材, INDI, 東の観測場所, コンクリートピラー, AZEQ6GT, QHY5Ⅲ174M, 天体観測, EVOSTAR150DX, ASi071MC Pro. パーマリンク

2 Responses to EVOSTAR 150DXでニワトリ

  1. T-Studio のコメント:

    無事に進んだようでなによりです。

    フォーカサーですが、私の使用しているMoonlight互換自作のものはドライバでステップ数を設定し、同じくドライバで中心点を定めてから運用するタイプでした。

    例えばステップを60000に設定したら、中心点を30000に、30000を基準に増減させる運用でした。

    天体のフォーカサーの場合一眼デジカメのレンズと異なり回しきりができないので、中心点を基準に前後させる運用なのかなと考えています。

    EAFのドライバではどのような仕様になっているかわかりませんが、家ではある程度ピントが出ている位置をデフォルト(上記でいうところの30000)にしておくとトラブルがありませんでした。

    • オヤジ のコメント:

      コメントありがとうございます。
      そういえば、昨夜の挙動は、ジャスピンを通過するような動きでした。
      ステップの考え方。成程(頭ポリポリ)
      ステップには、左右に小窓がありますが、そういえば右の小窓はゼロだったような。
      今夜、晴れたら引き続きテストしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。