INDI Lib Deviceを認識しない

【2020-0313 追記】

  • no QHY cameras detected power on?

  • MacBookProでは、間違いなくQHY5Ⅲ174Mを認識するのでカメラのハード的な障害は考えられない。
  • HPのpavilion(16GB/SSD256GB)ノートにインストールしたubuntu-MATE19.10-desktop-amd64に、INDI環境を一通りインストール
  • 「sudo apt-get install indi-qhy」も、本家の手引きどおり入れてみた。
  • 赤道儀も撮影用のZWOカメラも外した状態で、ダイレクトにカメラとノートPCのUSB口を繋いでみた。
  • やはり、【no QHY cameras detected power on?】と出るので、こうなると、ubuntu-MATEのバージョンなのかとも思う。と、言うか、それ以外無いもんな~(笑)

と、言う訳で、違うVersionのubuntuを入れ直す所からやってみよう!

【正常の方】

MacBookPro.では、USB3.0Hub経由1本で本体PCのType-Cに繋いでテストしたけど、問題なし。

  • kstars3.4.1.dmg
    QHY5Ⅲ174M認識しないASi071MC Pro.認識するEQMOD mount認識する
  • kstars3.4.0.dmg
  • QHY5Ⅲ174M認識しないASi071MC Pro.認識するEQMOD mount認識する
  • kstars3.9.9.dmg
    ①QHY5Ⅲ174M認識するASi071MC Pro.認識するEQMOD mount認識する

そんな訳で、MacBookPro.ではkstars3.9.9.dmgをインストールしている。

【異常の方】

HPのpavilion(16GB/SSD256GB)のubuntu-MATE19.10-desktop-amd64では、何故か、USB3.0Hubを使わないで、全て、ダイレクトに繋いでも、QHYだけ認識しない。
これは困った。(笑)
ケーブルの繋ぎではなく、QHYカメラを認識させるドライバーなのかなーぁ。
この辺、エンドユーザーなので、治していただけたVersionがでるまでは、無抵抗で大人しく待つしかないな。(汗)

【メモ】

以前、MacBookProのkstarsを3.4.0にした時は、ニワトリで行き成り本番、2時間も3時間もあーでもない・コーデモナイとケーブル接続や再起動を繰り返したが全然でめで、その日は諦めの夜になってしまった。

まあ、今回は、事前に確認しようと思いテストしたのだけど、リモートデスクトップも結構、不安定な動作をしてくれて、1回目はデスクトップが表示されても、2回目はコネクションで失敗とか。

ubuntu-MATEでは、サーバー側がlogoff状態でxrdp接続すると繋がることをネット発見。(汗)何をやっても反応が無かったので諦めかけていたのだが。(爆)

これで、リモートから操作出来るなと喜び勇んでいたら、QHYのガイドカメラが認識しない。
各種のディストリビューションは、kstarsのバージョンは固定されているので、MacBookProのように、2つ前のバージョンで動かす・・・様なことが出来ず。
暫くは、電子観望(まだ、実現出来てない)はAstroberry-J2020v2rで、ニワトリは、MacBookProダイレクト接続で観測することになりそうだ。

嫌~~~参りました。(汗)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ubuntu, MackBook Pro., Astroberry-J, 機材, AZ-GTi, INDI, QHY5Ⅲ174M パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。