ニワトリでSD115S

前回のニワトリは3月25日なので1か月+4日振りの東の観測場所。
やはり、ここで準備する時は、午後~晴れて無いと作業が出来ない。(笑)

【一応、準備完了】

 

【機材】

  • AZEQ6GT(Serialケーブル接続)
  • SD115S+RD f:699mm/F7.7
    • OAG.
      • 主カメラ:ASi071MC Pro.+QBPフィルター
      • ガイドカメラ:ASI290MM Mini
    • フォーカサー:ZWO:ASI EAF
  • HPノート(ubuntu 20.0.4 i5core 16GB SSD500GB)
    昨日、ubuntu(最終的に)をインストールしたので、そのテストを兼ね試験。
    ダメな場合は、AstRPiに切り替える。
    何時もは、Xrdpのリモートデスクトップで使うのだけど、今日は、南風で夏のような気温、ダイレクトにケーブルを繋いで、テーブルでINDI Libを操作することにした。

【ZWO フィルタードロワー 】

48mmのフィルターの出し入れが便利なこの商品。昨夜は、中に確り入らないままで、モニター画像を見て頭を抱えた。
普通に挿入すれば、磁石の力で「パチン」と音がして収まるのだけど、昨夜は暫くブリのニワトリだったので慌てて入れてしまったようだ。(汗)
こんな風なモニター画像だった。(汗)

慌てないで、普通に差し込めば、迷光もないのだけど。(笑)
M101は、残念な事をした。

【画像】

  • M16
    Exp120sec. Gain120 *30 マイナス10℃
  • M17
    Exp120sec. Gain120 *30 マイナス10℃
  • M51
    Exp120sec. Gain120 *30 マイナス10℃

【メモ】

  • 昨夜は、19時過ぎのお月様は西側に有って、撮影ターゲットは1時間に1個できるはずだったが、空が何となく霞んでいる。
    3対象(3時間)が画像処理をする気が起きない程、寝ぼけた画像だった。
    湿度も70%越えで、暫く振りに乾燥空気を吹き掛けたが、空は、大陸の某国、企業再開で公害のPM2.5が流れて来たのだろう。
  • 昨夜のsolverは、2回でど真ん中、また、internalGuideも、あっと言う間にキャリブレが終わり。今までで一番成績が良かった。
    何が要因なんだろう。(笑)
  • 一か月と4日振りのニワトリだったので、何か有るなと思ったら、フィルターを無理にいれて、迷光撮影システムになってた。(笑)
    以後、気を付けよう。
  • AZEQ6GTからのSerialケーブルのコネクター部分に錆が出ていた。
    赤道儀は、厚手のビニールで覆い、更に、丈夫なカバーを掛けていたのだけど、ケーブルの先端には、防水用の何かを取り付けよう。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ubuntu, ZWO EAF, 機材, INDI, 東の観測場所, コンクリートピラー, AZEQ6GT, 天体観測, ASI290MM Mini, ASi071MC Pro., SD115S パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。