ニワトリでSD115S

昨夜に引き続き、SD115SのZWO ASI EAFのテスト。

【準備完了】

【機材】

  • AZEQ6GT(Serialケーブル接続)
  • SD115S+RD f:699mm/F7.7
    • OAG.
      • 主カメラ:ASi071MC Pro.+ IDAS Nebula Booster NB1
      • ガイドカメラ:ASI290MM Mini
    • フォーカサー:ZWO:ASI EAF
  • HPノート(ubuntu 20.0.4/INDI/KStars/Ekos i5core 16GB SSD500GB)

【画像】

  • M13:Exp60sec. Gain160 *30 ±0.0℃
    光害、殆ど無いな。!

  • M3:Exp60sec. Gain160 *30 ±0.0℃

  • M97:Exp60sec. Gain160 *30 ±0.0℃

  • IC3302:Exp60sec. Gain160 *30 ±0.0℃

【メモ】

  • フォーカサーの動作確認OK!
    ニワトリ時間が長い時は、途中でピント再調整した方が良い鴨。
  • 今夜も、眩しい程のお月様だったのに、IDAS Nebula Booster NB1、光害に強力に効くな。
    驚いた!

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ASI294MC Pro., ubuntu, ZWO EAF, Filter Drawer, 機材, INDI, コンクリートピラー, AZEQ6GT, 天体観測, ASI290MM Mini, SD115S パーマリンク

2 Responses to ニワトリでSD115S

  1. タック のコメント:

    オヤジさんは、雲が出る前に撮影できたのですね。私はのんびりしていたら雲が出てきてアウトでした。Linux版のKStars は問題なくPlate Solving が動作するのですね。とりあえず一安心かな。

    SD115S アポクロマート屈折はシャープな像で気持ちいいですね。

  2. オヤジ のコメント:

    お蔭様で、この機材の組み合わせは、Focusもsolveも撮影も上手く行きますね。(笑)
    もしかしたら、極軸が大きくズレてる可能性があるので、長焦点はsolveを失敗するのかもです。(汗)
    それにしても、IDAS Nebula Booster NB1強力ですね。
    この画像は、位置合わせ+コンポジット+レベル調整だけです。
    生1枚画像でも、光害を見つけることができず、真っ黒な画像でした。
    これなら、もっと露出を3分とか5分とか出来そうです。
    何か、楽しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。