ニワトリでSD115S

前回(2020年5月8日)に引き続き、SD115SでIDAS Nebula Booster NB1のテスト続き。

【準備完了】

【機材】

  • AZEQ6GT(Serialケーブル接続)
  • SD115S+RD f:699mm/F7.7
    • OAG.
      • 主カメラ:ASi071MC Pro.+ IDAS Nebula Booster NB1
      • ガイドカメラ:ASI290MM Mini
    • フォーカサー:ZWO:ASI EAF
  • HPノート(ubuntu 20.0.4/INDI/KStars/Ekos i5core 16GB SSD500GB)

【画像】

  • M51(北、80度)
    Exp240sec. Gain 180 *30 ±0.0℃

 

  • M81-82(北、65度)
    Exp240sec. Gain 180 *30 ±0.0℃

 

  • M16(高度7度 東南東)
    Exp240sec. Gain 180 *30 ±0.0℃
    流石に高度が7度、光害でこれ以上の画像処理は・・・(汗)

【メモ】

  • たまたま、土手の外灯の直ぐ上のM16を狙ったら、やはり光害が可なり出てるので、これは中止
  • M81-82とM51は、外灯から離れていたので、結構、光害は抑えられている感じ。
  • 全部で15枚+αの光害フィルターを買ってきたけど、「IDAS Nebula Booster NB1」これは、最高だと思った。
    画像処理も簡単で(オヤジの画像処理は元々簡単)、そこそこな画像になり素晴らしい!と思った。(笑)

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: ASI294MC Pro., ubuntu, ZWO EAF, Filter Drawer, 機材, コンクリートピラー, AZEQ6GT, 天体観測, ASI290MM Mini, SD115S パーマリンク

4 Responses to ニワトリでSD115S

  1. タック のコメント:

    オヤジさん、おはようございます。
    おぉ、安定してきましたね。これはすべて1枚のショットですか? コンポジットしなくてもここまで写っているのでしたら、私の自宅よりかなり条件は良いと思います。
    うらやましいです。

    • オヤジ のコメント:

      全部、4分30枚をコンポジットしてます。
      自分しか解らないですが、光害が減って驚いてます。
      今までの光害防止フィルターは、使い方も悪いのかもですが、神社のお札程度でした。(笑)

      • タック のコメント:

        やはり30枚のコンポジットでしたか。4分の露出なので細部まで撮影できているのですね。なるほどです。

        • オヤジ のコメント:

          やはり、低空は駄目ですね。(笑)
          このニワトリ場所、唯一、東北東~東~東南東は殆ど水平から星が見える場所で、M16もそこから登って来たのでやってみましたが、土手のサイクリングコースなので、LEDの外灯が100m位置きに立ってますので、こりゃだめでした。ある程度45度位から↑だとOKみたいで、楽しみが増えました。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。