INDI/Ekosのたった1つの問題点

QHYカメラの認識がバージョンによっては認識したり、別のバージョンでは認識しなかったり、「QHYのカメラは電源入っているのけ?」的なコメントが、ウザく画面に良く出る。(当然、Deviceを認識してない)

昨年、春から、INDI/Ekosは、我家の最終ニワトリ処理システムと決めてやってきたのだけど、QHYをOAG.のオートガイドカメラ(と、言うか、それ以外はQHY5Ⅱが数個転がっている)だけは、簡単に使わせてくれない。
カメラの機種選びで、INDI/Ekos環境で使うとは言わなかったので、ショップさんは長焦点距離鏡筒用として、センサー面積の広いQHY5Ⅲ174Mを勧めてくれたけど、裏目に出てしまった。

そうなると、OAGのガイドカメラもZWO製品と言うことになる。

  • FS-60CB+RD+OAG.
    主カメラ:ASI1600{MM,MC」Cool、ASI183{MM,MC}Pro.+ZWO フィルタードロワー M42
    ガイドカメラ:ASI120MM Mini
  • SD115S+RD+OAG.
    主カメラ:ASI294MC Pro.+ZWO フィルタードロワー M42
    ガイドカメラ:ASI290MM Mini
  • {EVOSTAR150DX、EdgeHD800、C11 XLT}+Celestron OAG.(兼用)
    主カメラ:ASi071MC Pro.+ZWO フィルタードロワー M42
    ガイドカメラ:QHY5Ⅲ174M(✖)

次なるガイドカメラを物色してたら、ZWO社から出ているASI174MM Miniは、SONY IMX174LLJ 1/1.2インチセンサーとかで、使い悩んでいるQHY5Ⅲ174Mと同じセンサーだ。
偶然、INDI/Ekosでカメラ認識(そのVersionはメモしてないので忘れた)した時に、全球で、ガイド星が見えるか、見つかり難い有名な所等を含めチェックしたが、見えない所は無かったと思う。
全てのエリアをチェックした訳でもないので、いい加減な書きっぷりだけど。(汗)

そんな訳で、某ショップには注文済。
何時届くか解らないけど、勢いで買ったQHY5Ⅲ174Mは2個も有るけど、これは、勿体ないので、何かに有効利用したい。(魚眼を付けて、全球お天気カメラとか)

オヤジ について

最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。 Line、FBは、嫌いなのでやりません。 残された人生を、素直に楽しく生きたいと考えてる60代のオヤジです。 柔道4段、剣道3段
カテゴリー: QHY5Ⅲ174M パーマリンク

11 Responses to INDI/Ekosのたった1つの問題点

  1. T-Studio のコメント:

    私はこの前5L2Cを試しましたが、認識されるけどストリームの秒数を少なくするとフリーズするといった現象がありました。
    (そのため、調整はOacaptureで行いました。)
    OacaptureやLinguiderなどネイティブドライバがあるアプリでも試した方が良いかもしれませんね。

    QHYのカメラは配布されるSDKのバージョンで安定度が変わるようです。
    最近はZWOのドライバの方が安定している感じがします。

    • オヤジ のコメント:

      T-Studioさん
      MacBookProだと、kstars-*.dmgだと、kstars-3.3.9.dmgだと、動くのですが、手放しで喜べる動作でもないのですよね。
      このガイドカメラが動かないと、EVOSTAR150DX(1200mm)より長焦点が使えないので、早くカメラ来て欲しいのですが。(笑)

  2. タック のコメント:

    QHY5IIM は古いけどMac版の最新KStars 以外は安定稼働しています。惑星用購入したQHY5LIICはT-Studioさんがおっしゃるように、時々挙動が・・・となるので、ガイドカメラとしての出番はあまりありません。
    最近ASI120MM mini を購入したのですが、こちらは感度が良いので f/1000mm くらいまでの鏡筒だとオフアキでも問題なくガイドします。

    ところで QHY5Ⅲ174MはWindows10上でAPT & PHD2の組み合わせだと問題ないのですよね? やはりドライバーの違いでしょうかね?

    • オヤジ のコメント:

      >ところで QHY5Ⅲ174MはWindows10上でAPT & PHD2の組み合わせだと問題ないのですよね?
      Windows10では、Deviceの認識が不安定で、切れたり繋がったり。
      もう、退避策で使う予定も無いですね。
      残念です。
       

  3. T-Studio のコメント:

    以前フォーラムで話題になっていたんですが、QHYやZWOのINDIドライバってメーカー開発用のSDKキットから作成されているんですが、Linux版は時期によってバグの大小があるようです。

    QHYはWindowsに傾向していてLinux版はあまり力を入れていないようですね。。
    ZWOは120MCとかの初期のドライバは切り捨てましたが(ジェセムが個人的にフォローしています。)USB3端子積むカメラになってからはLinux版もWindows同様に開発しているようなのでこの差かもしれません。
    (初期はQHY良かったんですけどね。。)

    私はオートガイドにはいまだにLodestar使ってます。
    (ドライバがどの環境でも安定していますし、PHD2だとすべての環境でネイティブ対応もしていますので)

    • オヤジ のコメント:

      色々な、開発の歴史があるんですね。
      ASI174MM Miniが配達されたら、我家のINDI/Ekos環境は完成になります。
      あと、2週間位か。
      二次感染が広がっているようで、何カ月も先になるかもです。
      注文の前日、最後の在庫が売れたようで、残念でした。(笑)

  4. T-Studio のコメント:

    MacならIndigoという選択肢もありますね。

    http://www.cloudmakers.eu/indigoserver/

    QHYのドライバはベータ扱いのようですが、サーバは使うときだけアプリとドライバを起動すればいいだけですし、INDIとも共存できます。(INDIWebマネージャーアプリも入れたほうが良いかも。そうすれば、Ekosの設定をリモート、ローカルホストにしてシミュレーション設定しておけば立ち上がっているドライバを読み込んでくれます。(AstRPiで推奨している方法))
    このメーカーのカメラ用のクライアントアプリも使いやすいですよ。

    • T-Studio のコメント:

      MacだとPHD2でもネイティブドライバ使えるはずですよ。
      INDI以外にもIndigoとPHD2のネイディプドライバは試してみることができると思います。(どちらもEkosと連動できますよ)

  5. オヤジ のコメント:

    どうも、オヤジの頭があれ!なので、操作はubuntuもmacも同じにして置きたいと言うか、それが理想です。
    そんな訳で、カメラ買い替えで、ニワトリに集中したいと思ってます。(笑)

    • T-Studio のコメント:

      おっと、前後してしまいました。
      たしかにindigoを共存させるのは若干複雑になりますね。
      オヤジさんはPHD2はお使いにならないですか?
      そちらのドライバで動くようであればガイダーはPHD2にしてEkosとリンクかけておけばそう面倒ではないかもです。

      • オヤジ のコメント:

        >ガイダーはPHD2にしてEkosとリンクかけておけばそう面倒ではないかもです。
        タックさんが、これをお使いですよね。
        オヤジも何度もテストしました。
        Internalが安定している時はPHD2も安定しているので、単独のInternalでガイドすることが多いですね。C11(f:2800mm)OAG.で星真ん丸になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。