昨夜のペケ空

5月27日
もしかしたらのAstroGPVだったので、好天することを期待して準備。

GPVでは21時頃から少し良くなる感じ。

  • ASI174MMのガイドの確認(ダークを撮る所までは出来ている)
  • EdgeHD800にCelestronのOAG.を取付、
  • 主カメラにピントを合わせた状態で、ガイドカメラ側のピントも合わせたい

この辺の宿題を片付けたい。(笑)

写真は、19時頃の西の空。
おぼろ月夜なのだけど、21時頃からは月が消え「おぼろ夜」だけになっちまった。なんてーこったい!

一瞬の間で、スピカが見えてる。
大慌てで主カメラとガイドカメラのピント合わせが完了。
IDAS Nebula Booster NB1 を取付ていたので、少し撮影ができると嬉しいのだけど、ピント合わせの直後、星は一切見えなくなり22時30分に閉店。(笑)

【機材】

  • AZEQ6GT
  • EdgeHD800
    • OAG.
      • 主カメラ:ASi071MC Pro.+IDAS Nebula Booster NB1
      • ガイドカメラ:ASI174MM
  • HPノートPC(Ubuntu20.0.4 INDI/Ekos i5core 16GB SSD500GB

 

 

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ubuntu, ASI174MM, 機材, AZEQ6GT, EdgeHD800, ASi071MC Pro., 乾燥空気BOX パーマリンク

4 Responses to 昨夜のペケ空

  1. k のコメント:

    やはり、この夜は駄目だったのですね^^;
    昼間けっこう晴れていても、暗くなると雲が出て来るパターンは、夏まで続くのでしょうか。この気候では「放置撮影で多数枚」という私のスタイルも通用しないのかもと弱気になっておりますが、他にアイデアも無く・・・秋に期待でしょうか?

    • オヤジ のコメント:

      2014年11月から天体観測が趣味になりましたが、ここ最近の3年位は、5月連休明けから10月末位まで、ダメですね。(爆)
      逆に、梅雨入り中に突然来る晴れた夜空が有ったりして、天気図とGPVのにらめっこが朝のアイスコーヒーとの日課です。(笑)
      【追伸】
      何時だか、画像に変な模様が出て困っていた時、冷却が原因かもと、教えていただきありがとうございました。
      それ以来、外気温を気にしながら冷却温度を決めてます。
      夏場は、外気-30℃=00℃
      を目標にしてますが、あれ以来、変な模様は出なくなりました。

  2. タック のコメント:

    今朝は3時40分ごろ起きてみると、雲はありませんでした。ただし4時ごろには東の空は明るくなってきますので、星雲の撮影には無理ですね。なかなか都合よくいきませんね。
    今日の観測所の最高温度は28℃でした。鏡筒の置きっぱなしも若干心配になってきました。

    • オヤジ のコメント:

      ショップさんの話だと、赤道儀でも40℃を越えるとグリスが溶けるのでそれ以下とか、鏡筒はそんなに神経質にならなくても大丈夫とか、色々ですね。
      でも、自分の機材なので。(笑)オヤジは、鏡筒だけは通年、常設のままです。

      今朝、4時30分に目が覚めました。快晴でしたね。
      こちら、ベランダだと、どうしても{FS60CB、C5}+OAG.が一杯ですが、網戸しないと蚊がブンブンで、最近、ベランダはお預け状態です。
      梅雨も近い感じで、暫くは、天気とニラメッコですね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。