EdgeHD800+OAG ピント出し

悪天が続き、宿題が増えてそれを忘れる悪循環。
先日、C5 XLTでCelestronのOAG.は、

  • OAG
    • 主カメラ:ASi071MC Pro.+フィルタードロワー
    • ガイドカメラ:ASI174MM Mini

で、ピントは出たので、EdgeHD800でも、主カメラでピントを合わせれば、ガイドカメラも合っているハズ。(笑)
まあ、微調整は出来るので問題ないのだけど、一応、ここまで確認して置けば、次回以降、ニワトリに専念できる。

【準備完了】

前回、ZWOのEAFとかZWOのフィルタードロワーを付けたりで、後ろが重くなり、鏡筒を前に出さないとバランスが取れないのだけど、写真の右のレバーが外れる位、前に出さないとバランスしない。
仕方ないので、5cm位のシャフト延長棒を追加して1.9kgのウェイトを付けたら、何とかレバー二個を使って鏡筒を固定できるようになった。(笑)

 

【機材】

  • AZEQ6GT PCとは、Serial接続
  • EdgeHD800 f:2032mm/F10
  • ZWO ASI EAF
  • OAG.
    • 主カメラ:ASi071MC Pro.+ IDAS Nebula Booster NB1  00℃に冷却の予定
      ガイドカメラ:ASI174MM Mini
  • PC:HPノート(i5core 16GB SSD500GB)
    ubuntu20.0.4 INDI/Ekos

【メモ】

  • 薄明時に月で主カメラのピントを確認
  • 鏡筒を少し移動したら、ガイドの窓で星が見えていたので、大急ぎでピントを合わせた
  • 直後、眩しい月も雲隠れで閉店。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ubuntu, ZWO EAF, Filter Drawer, ASI174MM, 機材, INDI, AZEQ6GT, 天体観測, EdgeHD800, ASi071MC Pro. パーマリンク

2 Responses to EdgeHD800+OAG ピント出し

  1. k のコメント:

    昨夜のお天気はどうだったかな?と自信が無い時は、こちらに伺って、オヤジさんが閉店なさっていると安心致します(笑) ホント夜になると太平洋から雲が上がってきますよね^^;
    梅雨に向けて機材を室内に入れるべきか・・・一旦下ろしてしまうと、梅雨間のワンチャンスに対応出来ないので、迷います。

    • オヤジ のコメント:

      kさん、おはようございます。
      昨夜も空振り三振でした。(汗)

      オヤジは2014年11月頃から、天体観測も趣味に加わりました。
      雨・湿度対策は、そんなに労力は要りませんよね。
      オヤジの経験だと、梅雨期間でも、見事に夜晴れる時もあるので、常設のままをお勧めします。(あ(汗)無責任)
      梅雨入りから晩秋までの間、逆に梅雨期間の方が素晴らしい夜空に会えるような気がしてます。(過去blogからも)
      でも、晴れた日には、日向干しをした方が機材には良いでしょうね。
      オヤジは赤道儀だけ常設ですが、湿度の低い晴れた昼間、バスタオルを掛けて日向干ししてますよ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。