AstRPi 改訂版(ラズパイ4/4GB)

TーStudioさんが、精力的に作成されているDistribution AstRPiが新しくなったので、早速入れてみました。

最初、Login出来なかった。(汗)

SSHでLoginできたので、CGIでAstRPi内を動き回れるようになり、TーStudioさんのドキュメントにも書いて有った、以下のマイクロSDの領域を拡張を実施。

astrpi@astrpi:~$ sudo raspi-config
astrpi@astrpi:~$ 7 Advanced Options
astrpi@astrpi:~$ A1 Expand Filesystem

これを設定して、ログアウト ターミナルから「shutdown -r now」でshutdown
再度、立ち上げてログイン、デスクトップが見えました。
さて、TーStudioさんが組み込まれた内容を、これから探検します。
あ、今夜は、週に1度の軽い晩酌の日。(笑)

左のディスプレーは astrpi.local
右は、vncで接続した画面

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: AstRPi, 機材, INDI パーマリンク

2 Responses to AstRPi 改訂版(ラズパイ4/4GB)

  1. T-Studio のコメント:

    オヤジさん

    今回はデスクトップが表示されないくらいギリギリに圧縮されてたとは。。
    私の方では現象が全く再現できなかったので助かりました。

    しかし、Linuxは設定を固めても固めてもどこか不具合出ますね。。。
    プログラム組めないと限界があります。

    • オヤジ のコメント:

      位置情報・日時分秒の取得も、@っと言う間にできました。
      実践で、即、使って見たいのですが、天気が全然ペケなので残念です。

      マイクロSDカードへの書き込み、次回はMacBookProのApplePi BakerV2で実行します。
      既に、インストールしました。
      Distribution作者さんと違う環境で、動かない・ログインできないと言っても、作者さんを困らせるだけですもんね。(笑)
      Astroberry-j等の時は、マイクロSDの領域が100%近かったのですが、loginには影響無かったですが、今回は、本当に「ギリのギリ」だったんですね。
      幸いSSHのCGIでloginが使えたので事なきを得ましたが、申し訳ありませんでした。
      Windowsで焼く人も居るので、領域拡張できるマイクロSDをこんがり焼けるトースター(笑)も欲しいですね。
      以後、気を付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。