ラズパイ4(8GB)Raspberry Pi OS (64 bit) beta test versionで起動してみた

【2020-0703】

手持ちのSSD128GBが1個有ったので、2020/5/27 betaVersionをUSB3.0ポートに挿して起動してみた。

ホホ―、やっと、OSをSSDから立ち上げることが出来た事確認
まだ、ベータ―バージョンなので、様子見なのだけど、OSが吹っ飛んだり全然しないので、もう少し、悪戯してみよう。

【2020-0702】

Raspberry Pi OS (64 bit) beta test version

を、Raspberry Pi Imager v1.3で焼いて、それ~起動。

電源は、DC-DCの5V5Aから給電

こんなメニュー画面

コンソールで、色々、ゴニョゴニョ

おバカさんのスマホなので、写真は、オヤジの天体写真のQuality!(笑)

【メモ】

  • 取り敢えず、メニューの中のアプリを操作してみたけど、OSがすっ飛んだりは、一切無かった。
  • 更に、テスト
    それにしても、5月28日にこのベータ―バージョンがリリースされているけど、1か月以上、ニュースは無いな。(笑)
  • 頭が石頭なので、SSDから起動はわかるけど、他にも設定がありそうで、ネット徘徊してみたけど、特に。(汗)
    無事、ポタ―ブルSSD128GBで、OSが起動した。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: Raspberry Pi4, 機材 パーマリンク

2 Responses to ラズパイ4(8GB)Raspberry Pi OS (64 bit) beta test versionで起動してみた

  1. T-Studio のコメント:

    お、すでにSSD起動試されたんですね。(設定とか楽にできましたか?)
    海外の情報見るとSSDのチップセットとの相性問題で正式版が遅れているようです。

    システムのバックアップなどもSDカードのようにお気軽にできるといいのですが。。

    • オヤジ のコメント:

      今朝、早く目が覚めてしまったので、日の出前からテストしてました。
      ELECOMのESD-ECO120GBKを使いました。
      Raspberry Pi Imager v1.3で書き込み、
      ①マイクロSDで起動して、SDのコピーがメニューに有ったので、それでSSDにコピーして、マイクロSDカードを抜いて、USB3.0に挿してあるSSDで起動。
      上手く起動しました。
      ②ダイレクトにSSDに書き込んで、それから起動
      これも、上手く行きました。

      >SSDのチップセットとの相性問題
      もう一つSSDがあるのですが、これは、①も②も起動しませんでした。

      >システムのバックアップなどもSDカードのようにお気軽に
      これは、簡単でした。
      From_Device(マイクロSD)からTo_Device(SSD)へのコピーで設定が済んだらコピーして置くと安心ですね。
      変更は、綺麗に反映されてコピーが造られてました。(確認済)
      楽しくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。