FS60CB+エクステンダー x1.7 ピント合わせ

エクステンダーx1.7は、5年も前に買って、一度テストしたことはあるのだけど、当時は一眼レフ。

今は、OAG.を繋いでいるので、これをベランダ観測専用機(夏秋だけ鴨)にするには、再度、ピント出しをする必要がある。
エクステンダーを付けて、丁度、f:600mm、南天の星雲を撮るには丁度良いか。

どの位の光路長が必要なのか解らないので、今夜のテストは、Cut&Tryでやるしかない。

【FS60CB+エクステンダー再組立】

  • 対物レンズの後ろにエクステンダーを入れる
  • 取付あったRD又はフラットナーを外し
  • 代わりに延長筒を取り付ける
  • 一応、物理的には組立完成

【ピント合わせ準備完了】

【バーティノフマスク】

本当は、延長筒を3回交換したので蒸し暑い中で1時間半経過
オマケに、GPV予想どおり、暗くなっても星が見えず、西の低空の明るい星が見えたので、ピント合わせは60秒で完成、星も直後消えた。

【メモ】

  • ここまで出来ていれば、ベランダからの南天夜空も星雲等で楽しめる。
    因みに、ベランダの赤道儀と鏡筒からのUSBケーブルは、3m延長して室内なので、HPのノートPCをローカルPCとして使えるので、オヤジは涼しい室内だけで楽しめる。(笑)
  • そんな訳で、東の観測場所にいたのは、暗いのを待つ時間を入れて2時間位か。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: FS60CB, 機材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。