FS60CB+エクステンダx1.7

今夜、もしかしたら、1時間位、南天を拝めそう。
と、言う訳で、フィルタードロワー(dummy)を抜いて、差し込んだのが2”QBPフィルター
そう、今夜は、前回のM8/NB1との比較をしたいと思ってる。
さて、M8を20枚撮らせてくれる夜空なのか。(笑)

【機材】

  • AZEQ5GT
  • FS60CB+エクステンダx1.7+OAG(f:600mm)
    • OAG.
      • 主カメラ ASI183MC Pro 冷却00℃
      • ガイドカメラ ASI120MM Mini
  • 光害フィルタ
    • Quad BPフィルター
  • HPノートPC 16GB/SSD500GB/lubuntu/INDI/Ekos/KStars3.4.3

【夜空のコンディション】

19時、20時頃は、海上からの薄雲が次々に北上し、オートガイドも制御不能になった事3回。21時を回り、やっと雲の無い夜空になった。

  1. M8+QBPフィルタで120secx20枚撮影完了
  2. M8+NB1フィルタで120sec x 20枚撮影完了(後1分位で、お隣のアパートに沈んだと思う)

何とか、2種のフィルターで各20枚撮影できたので、どんな方法ですれば良いのか解らないけど、光害の比較をしてみたい。

【画像】

フィルタの比較をするので、コンポジットパネルを使い、スライダーなど、アナログ的に値を決めることはやらなかった。
コンポジットパネルの仕上がりを保存して、詳細パネルで

  • レベル調整 → 自動レベル調整を実行
  • オートストレッチ、同じ場所で実行

以上、他の画像処理は一切やってない。

  • M8+QBPフィルタ
    Exp 120sec. Gain 270 20枚(+Dark)
  • M8+NB1フィルタ
    Exp 120sec. Gain 270 20枚(+Dark)

【メモ】

  • 今夜は、全然期待してなかったのだが、思いがけなく2種の光害フィルタで20枚+20枚撮影できた。
  • 上の2枚、QBPフィルターの方が、中央部分 細部が見えてる様な気がする以外、同じだなぁ(汗)
    別の星雲で比べると、違いが解るのだろうか。(笑)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: Filter Drawer, Lubuntu, FS60CB, ベランダ, 機材, トラベル三脚(改造), INDI, 天体観測, AZEQ5GT, ASI120MM Mini, ASI183MC Pro. パーマリンク

2 Responses to FS60CB+エクステンダx1.7

  1. タック のコメント:

    オヤジさん、
    QBPの方がNB1より透過幅が若干幅広のせいが起因しているのでしょうか?
    オヤジさんの庭だとQBPでも十分なくらいよく写りますね。

    • オヤジ のコメント:

      おはようございます。
      夜中にエアコン止めて網戸+FANの生活を続けてますが、今朝は暑くて目が覚めました。
      多分鏡筒の向きや、対象の星で、QBPとNB1は、違う結果が出るんでしょうね。
      夜になって涼しい風が吹いてきたのが1回だけで、9時・10時になると集中力が途切れてしまいますね。
      秋の夜長でノンビリテストしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。